自宅で子ども英会話教室 レッスンで役立つかもしれない小物アレコレ

子供英会話講師

こんにちは。エリです。

自宅で英会話教室を始めて6年。

今回は子ども英会話教室を自宅でやりたいという人に向けて、マストじゃないけどこんなのあったら便利です!といった小物について幼児クラスを想定して書きますね。

 

マストで必要なものや開講にあたってのアドバイスはこちらもどうぞ。

子ども英会話教室を自宅で開校したい人へ事前に用意すべきもの5つ
自分の空いた時間と英語力を武器にして自宅で子ども英会話教室を開講したい人。事前に用意しておくべきもの5つを紹介します。私は自宅で子ども英会話教室を始めて6年になりますが、やってみれば意外と楽しめますよ。ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

子ども英会話教室で役立つ小物

・ネームタグ

生徒の名前をアルファベットで記入して服に付けておく用のネームタグです。初回のレッスンで配るもよし、生徒自身で名前を書かせるもよし。

安全ピン・クリップ両用型ですが、安全ピンは子どもに危険なのでクリップを使用しましょう。

特に初回は講師自身も生徒の名前を覚えていないので、タグは役に立ちます。

・アルファベットスタンプ

いろんな場面で使えます。私は上記のネームタグに名前を記入する時に、スタンプを子どもに押させることもあります。アルファベットをある程度知っている子には良い練習になります。

・マット

このタイプのマットは全面に敷いてしまうとあっという間にバラバラにされます。うちでは、走り回る子どもを座らせるために使っています。

1枚ずつ置いておいて

” Sit on the yellow! “

とかね。マット敷くだけで断然座ってくれます。

” Sit on the five ” とか ” Sit on 「Z」”など毎回変えるとゲーム感覚で楽しいですよ。

・アルファベットポスター

アルファベットポスターは絵が付いているものがオススメ。自分の名前が書けない時も「私の名前コレやっけ?」ってポスターで見つけてきたり、レッスンの中に入り込んでます。自然とアルファベットが身に付く助けになります!

・アルファベットカード

時間が余ったり生徒たちが飽きてきてたりってときにササっと使えます。アルファベットのカードを並べて「自分の名前はどのアルファベットかな?」とか、絵を並べて”  Where is an apple? ” とか動物カードでジェスチャーゲームとか。

アルファベットと絵が裏表になっているカードを使って “A, A, A for apple! ” など、アルファベットと単語と音をつなげる練習もできます。

・シール

小さい子にはレッスンの最後にシールを渡していました。

100均でもなんでも、たくさんシールを揃えておきましょう。

出席カードを作ってそこに毎回貼ってあげるのが一般的ですかね。うちではネームタグに貼ってあげていたので1年終わるころにはタグがシールだらけでした。

シールでのアドバイスは、あまり種類が多いとめちゃ迷う OR 1つしかないシールがあるとケンカが始まるので、ある程度似たようなシールを数種類、人数分用意しておくことかな。

 

子ども英会話教室で役立つ小物まとめ

子どもはどんな行動をとるのか予測がつかないので、こちらもいろいろなカードを持っておくことが大切です!

そうすることで、常に臨機応変に対応できる余裕ができます。

機嫌が悪い子もいれば騒ぐ子も多いしね。

 

参考になれば嬉しいです。

ありがとうございました。

 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました