英検1級のレベルはどれくらいすごい?取得後の英語力はどうなの?

英検

こんにちは。エリです。

みなさん英検1級を受検したことありますか?

英検1級はそのレベルの高さで有名です。

英検協会によりますと

1級は、英検の試験において最終目標となる級です。広く社会生活で求められる英語を十分理解し、また使用できることが求められます。資格としての活用も入試優遇、単位認定、海外留学など広範囲に渡り、とくに通訳案内士(ガイド)試験の外国語(英語)の筆記試験が免除されるなど、高い評価を得ています。引用元:日本英語検定協会

とにかくいつでもどこでも英語が使えるレベルなんですね。

国内でずっと勉強を続ける人にとっては、かなりの難関資格でしょう。

取得した人は、ネイティブ並にペラペラ!とまではいかないにしても「私英語できる!」と多少自信を持っていいレベルです。

そんな難易度高めの英検1級。

今回は、各パートのレベルと取得後についてです。

 

英検1級各パートのレベル

英検1級Part1単語

英検1級の単語は難しくて有名ですね。ただ英字新聞や雑誌なんかではよく見かけます。

英検1級に合格するには12500から13500単語を知っておくべきだとされています。

準1級7000単語なので、ほぼ倍!嘘でしょ!

ただし!

難しいとはいえネイティブが知らないということはないです。

(ネイティブはだいたい15000語を知っているらしい)

知り合いのネイティブに聞いたところ

「単語の意味は全部知ってるけど、なんで非ネイティブの君がこんな単語を覚える必要があるの?会話で使わないよ。」

とのことでした。

知ってるけど使わない。これが全てです。

 

私が対策で使った単語帳はこれ1冊!

https://wakuwakuettpe.com/1-words/

英検1級Part2・3長文

単語のパートに比べると断然易しいです。

ただ英語というより内容が難しい。予備知識が全くない分野の話だと、付いていけなくなる可能性大。

そして内容が難しいということは、専門用語や難解単語が出てくるということです。

ここでも単語はとても重要となるので、対策はしっかりしておきたいですね。

さらに、まんべんなくいろんな話題についていけるようにしておかないといけません。国際問題・社会情勢・科学・教育・文化・風習など、とにかくあらゆる話題です。

その上で対策本に進みましょう。

 

英検1級長文対策に。たくさんの問題にあたることができます。

英検1級長文読解対策とおすすめ参考書 難易度はどんなものか
英検1級長文読解の効果的な対策方法とおすすめの参考書の紹介です。1級は難しいと思われていますが、この長文読解のパートでは満点を狙えるし、実際使われている単語はそこまで難しくない。その上でどう進めていけばいいのかがわかります!

英検1級Part4英作文

1番対策がしやすくて1番点を取りやすいパートです。

問題文が多岐に渡るので、普段から新聞読んだりニュース聞いたり、多くの情報を仕入れておきましょう(特に国際問題)。

 

 

ただ全く対策せず、1から自分で考えて書こうとするとしんどい。

なのでそういう人にとっては難易度高いです。

英作文はとにかくパターン(ライティングルール)を覚えて何回も練習しましょう。

このルールを無視してただ書くだけだと、合格点には届きません。

英検1級の英作文(ライティング)で合格点を取るおすすめ攻略法
英語を勉強している人ならいつかは取得したいと思っている英検1級。今回はその英作文(ライティング)で合格点を取るための効果的な対策方法を記事にしました。ポイントを押さえて、あとはそれに沿って書いていけば難しくはありません。英作文を得点源にしましょう!
英検1級のライティング(英作文)と二次試験(面接)対策に使った表現集大公開
こんにちは。エリです。 息子が英検5級受けるそうです。頑張ってほしいです。 さて英検1級の対策について。 私がライティング(英作文)と二次試験(面接)対策に使った表現集です。 いろんなサイトなり本なり過去問なり調べてまとめたものです...

英作文のコツは、とにかく簡単な表現で書くようにすることだね!


採点者に点数を引かせる隙を与えないようにね。


英検1級リスニング

次にリスニング。

こちらは、日本人相手に英語を教えている優しいネイティブが、わかりやすくクリアに話してくれているレベルです。

ネイティブの普通の会話レベルには遠く及びません。

使われている英語も難しくないです。専門的な話になった時の単語はやや難解ですが。

ただ、慣れていないと会話のスピードについていけません。

英検1級リスニング対策 合格のためにやるべきこととは
英検1級リスニング対策です。難解と言われているこの資格。今回は特にリスニングで点を稼ぐためにやるべきことです。各パートでどんな特色があって何をすればいいのか。ちょっとしたコツや考え方などが、この記事を読めばわかります!

英検1級面接

二次試験の面接。

こちらも受かったからといってネイティブ並みに話せるかというと、全くそんなことはないです。

いくつか表現のパターンを覚えてうまく当てはめて文をつなげる、という対策をしていたためか、即興のネイティブの会話には今でもあまりついていけません!

けど、起承転結を意識して話すことはできるようになるよ。

 

それに、二次試験は試験官に左右されます。

私の試験官はめちゃ陽気なネイティブの女性とおっとりめの日本人女性。

その年1番運が良かった瞬間でした。

英検1級のライティング(英作文)と二次試験(面接)対策に使った表現集大公開
こんにちは。エリです。 息子が英検5級受けるそうです。頑張ってほしいです。 さて英検1級の対策について。 私がライティング(英作文)と二次試験(面接)対策に使った表現集です。 いろんなサイトなり本なり過去問なり調べてまとめたものです...

 

英検1級取得後

英検1級を取得したからといって特になにも変わらず勉強を続けています。

自分は変わらないけど、周りからの評価は変わりました。

準1級と1級では全然評価は違います。

それが取得後気付いた中で1番の変化です!

 

そして英検1級ホルダーの英語力。私の場合。

  • 英語のニュース⇒7割理解できる。
  • 英語ドキュメンタリー⇒9割理解できる。
  • 英語ドラマ⇒6割理解できる。
  • ネイティブ同士の会話⇒5割理解できる。
  • 洋書⇒辞書なしで9割理解できる。
  • 英字新聞⇒辞書なしで8割理解できる。
  • 会話⇒日本人相手に優しく話してくれるネイティブとは普通に会話できるし、専門的すぎない限りはどんな話題にもついていけるが、ネイティブ同士の容赦ない会話には入っていけない(100%話を止めてしまう自信アリ)。

以上です。会話力を伸ばしたい!

 

先日ふと、英検1級を解いてみました。

単語→結構覚えてる

長文→全体的に前より内容が頭に入った。ただ馴染みのある分野だっただけ?毎日洋書読んでる効果?たぶん後者。

リスニング→あれ1級簡単!て思えるくらいゆっくりはっきり聞こえました。普段英語力伸びてるのか全然わからないけど、1級解いてみて実感!大丈夫、ちゃんと伸びてる(と自分を励ましてみる)。

 

英検1級レベルまとめ

私が英検1級を取得したのはもう数年前になります。

そしてほとんど同じタイミングでTOEIC950を取得しました。

その直前まで英検1級には何回か挑戦して落ちてるし、TOEICは895が最高でした。

何がきっかけで同時に飛躍したのかは正直わかりません。

けど毎日地味な作業を続けてきたことの結果が、このタイミングで出たんだろうと思っています。

 

なかなか目標が達成できずくすぶっているみなさん。

「え、今?」ってタイミングで努力が報われる日がきます。

その日まで続けさえすれば必ず達成できます!

信じてやってみてくださいね。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました