私立高校英語教員採用試験の体験談!内容と流れを偏差値別に解説します

教員

こんにちは。りょうです。

高校の教員として働くにあたって、「まずは公立の教員採用試験!」て考える人多いですよね。始めから私立一択って人、あまり見ません。

実際私立高校にも、公立ねらいつつ働いてる教員多いです。

私が私立の採用試験を受けたのは2校だけですが(両校とも合格)、それぞれの体験を書きます。私立高校教員に応募しようと考えている方、ぜひ読んでください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私立A高校採用試験(偏差値高め)

ではまず、私立A高校の採用試験です。

  • 偏差値:高め
  • 立地:市内でアクセス良し
  • 規模:先生、生徒ともとにかく多い大規模校

採用試験①書類審査

履歴書・大学の成績証明書等が必要。

採用試験②テスト・模擬授業・面接

・英語のテスト

さて入社のために英語のテストを受けました。内容は結構難しかったです。

文法から長文まで、大学英語科でありそうな内容。

とはいえ英検1級ほどでもないです。

難易度よりも、時間がとにかく足りなかった。小論文も同時に書かされましたが、トータルで90分。

けど、他の人もまあできてないやろと自信はありました。

・模擬授業

続いて英語の模擬授業です。生まれて初めての模擬授業。ネットで調べていたもののあんまり情報もなく、どんなもんか?どきどきでした。

内容は紙を1枚渡されて、左側に文章、右側に問題が載ってました。30分の準備時間をもらって10分の授業をします。オールイングリッシュでやりました。(それでもいいとのことだったので)

今から受ける人の参考になればですが、まず授業の導入→展開→まとめを10分でまとめるの?10分にすべての要素を入れなあかん?それとも50分の授業を想定して、その初めの10分の授業をするの?って気になりませんか?

私はなりました。

結論として、学校から指定されていることが多いです。で、その多くが「導入→展開→まとめ」をすべて入れる必要はない、といったものです。

私は、左側の英文に関する導入→英文を読む→新出単語をチェック→右の問題、の流れでいきました。

後から知りましたが、生徒役の先生方は全員管理職(10人くらいいました)。オールイングリッシュの授業理解してくれたのかな?

・面接

授業が終わったらその場で面接です。生徒役の先生方にそのまま面接されます。まあ聞かれるであろうことを聞かれました。経験とかそういうこと。とりあえず笑顔と大きい声を意識しました!

 

B高校採用試験(偏差値低め)

つづいて私立B高校の採用試験です。

  • 偏差値:低め
  • 立地:田舎の山の上 アクセス悪し
  • 規模:中規模校 A高校の半分以下

採用試験①:書類審査

履歴書のみ。

採用試験②:テスト・模擬授業・面接

・英語のテスト

英語のテスト、おそらく満点ってくらい簡単でした。センター試験といい勝負の難易度。これでいいのかと思いつつ終了。

・模擬授業

続いて模擬授業です。こちらも左側が文章、右側が問題の紙1枚。一人ずつ準備時間がしっかり管理されていたA高校とは違って、後半の受験者の方が準備時間長いっていう、ちょっとした不公平感。

で、ここは日本語だけで授業をしました。あんまり英語で授業って求められていないような気がしたし。

ちなみに見ている生徒役の先生は2人だけ。少ない。

・面接

そしてそのまま面接に入りました。英語科教員2名が面接官です。あたりさわりのないことを聞かれ無難にこなし、最後に「英語で自己紹介と自己PR」きました!

そういえば英語でのそういう練習一切してなかったなーーと思いながらも、なんとかクリア。オンライン英会話で何回も自己紹介しててよかった。

せっかくなので、どんな回答だったか、覚えている範囲で書いておきます。

" Hi, my name is Ryou. I live in○○ . It's next to ○○ city and near an international airport. I used to work at the international airport as a tour guide for foreigners who came to Japan. I had a lot of opportunities to speak English there, but most of them were from Asian countries such as South Korea, Indonesia, or somewhere like that so they sometimes had a strong accent. So I had trouble listening to them.

I like reading books, both English and Japanese.

I would like to enjoy studying with children here if I pass the interview. I'm looking forward to it very much.

みたいなこと言いました。いろいろ間違いはあったと思いますが、構成もどうかと思いますが、とりあえず準備なし状態でなんとか話せてよかったです。

なにはともあれ終了。合格しました。

 

私立高校採用試験まとめ

2つの私立高校採用試験を受けてのざっくりまとめです。

  • 都会にあって偏差値が高い方が採用試験は難しい
  • 田舎の学校は良くも悪くもゆるい

2校しか受けてないので、こんな感じで結論付けてしまうのも乱暴ですが、たぶんこんな傾向はあります。

さらに私立の高校は公立と比べて、ほんとに学校ごとに全然違います。

採用試験だけじゃなくて、条件や細かい取り決めも様々。

両方良し悪しあるんですけどね。自分に合った高校が見つかれば最強ですね!

ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
教員英語の仕事
スポンサーリンク
りょうをフォローする
英語初心者主婦が独学で英語を仕事にするまで
タイトルとURLをコピーしました