英語通訳ガイドになりたい人へ理想と現実と仕事内容を紹介

英語を使った仕事

こんにちは。エリです。

いよいよ東京オリンピックが今年開催されますね。

私の周りでもこの機会に通訳ガイドの資格取得して、実際オリンピックで活躍したいと情報を集めている人もいます。

さてその通訳ガイドですが、私は取得前

「各地の観光地を回りながら英語を使って仕事できるなんて最高!英語と旅が大好きな私にぴったり!」

と思っていました。すごくワクワクしてたのを覚えています。

そして実際資格取得して何度かお仕事をさせてもらって

「やっぱり楽しくて最高!」

と思っています。

 

一方で、こんなはずじゃなかった!などなど予想以上に大変なことも確かにありました。

 

そこで今通訳ガイドに憧れてる方。資格取得を目指している方。資格を持ってるけど、不安で仕事への第一歩が踏み出せない方。

そんな方へ英語通訳ガイドの仕事内容、理想と現実をお届けします。

 

英語通訳ガイドの仕事内容

初めに英語通訳ガイドの仕事内容を簡単に紹介します。

1.ガイドする場所を下見

通訳ガイドの仕事の中で一番時間をかけるべきです。そしてこの下見で当日のガイドの良しあしが決まります。

まずゲストの要望を満たすために、事前にある程度好みや行きたい場所・食べたいものやリクエストを聞いておきましょう。

ほとんどの場合、実際のガイド日より前にゲストとメールなどでやりとりできるはずです。(当日いきなり現地でハジメマシテパターンもあるけど)

そして、ゲストは初めての場所を旅行するわけで、様々なプラン変更を要求してきます。

観光先・食事・交通手段などなど。

なので、とにかくあらゆる変更希望にも対応できるようにプランA・B・Cくらいまで用意しておきましょう。

公共交通機関を利用する場合は、ダイヤのチェックや混み具合のリサーチも必須です。

2.実際にガイドする

いざガイド当日、事前に下見をしているのでプラン通りに淡々と進めるだけです。下見がちゃんとしていれば、当日焦ることもありません。

さて1人では気にならなかった移動時間も、当日はゲストと一緒なのでなにか話さないと気まずいですよね。

なにか話せるネタを持っておきましょう。

3.報告

通訳ガイドとして登録している先の会社によりますが、報告義務があるところが多いです。

ガイド開始から終了時間や、観光した場所・使った交通機関など。

 

当日実際にガイドする日だけじゃなく、いろいろとするべきことがあるんだね。

 

英語通訳ガイドの理想と現実

・理想と現実にギャップがあったこと①→仕事の獲得

英語通訳ガイドを取得したら毎日あちこち回って日本を紹介して・・と思っている方。

甘いです。特に最初は仕事を獲得するのが一苦労です。

いろんな団体や会社に登録してみたり、研修に参加したりと地味な活動をたくさんしなくてはなりません。

そしてやっと仕事がきたと思ったら、次の仕事は半年後とかザラです。

4月と11月は仕事が比較的多いのですが、一年通して仕事があるわけではありません。

なので一家を支えるだけの収入は難しいかも。

・理想と現実にギャップがあったこと②→日本文化に対する温度差

こちらとしてはせっかく日本に来てくれたのだから、日本の文化や施設を紹介したいと思ってしまいますよね。

しかし、中には「神社は結構です」というゲストもいらっしゃいます。

「見飽きた」とか「地味」とか、理由は様々なんですけどね。こっちとしてはゲストの要望には答えないといけないから、神社をパスして時間が余るってことも何回かありました。

・理想と現実にギャップがあったこと③→日本食に対する温度差

ずばり日本食評判良くないです。アレルギーとか食べれないならまだわかるけど、ただ嫌いという人も少なくありません。

今まで鉄板だったのはマクドナルドですね。あとファミレス。

「焼きそばがいい!」というゲストもいました。

日本ぽい食べ物を、と日本食店とか予約しないほうがいいですよ。

・理想と現実にギャップがあったこと④→距離感

英語通訳ガイドのイメージで「ゲストとワイワイ仲良く、お話しながら観光地回る」みたいなところありませんか。

私はそう思っていました。

そういうゲストもいますけどね、とても無口なゲストもいます。

お互い初対面なので、距離感は毎回探り探りです。ガイド終盤にやっと打ち解ける感じ。

基本的には一方的に話すのではなくて、相手の話を聞いてあげるのがいいと思いますよ。

 

一方的に話すんじゃなくて、相手の話を聞いて要望に的確にこたえるのが「コミュニケーション能力」ね。
通訳ガイド(英語)のお仕事は想定外の連続 奈良でのガイドと想定外から学ぶこと
英語の通訳ガイドとして奈良に行った時の話。事前に十分に準備していたにもかかわらず、当日は何かと想定外のことばかり。そんなに大きく失敗することはなかったものの、いろいろ学ぶことの多いガイドでした。こんなこともあるんだ、と参考になれば幸いです。
英語通訳の仕事 和歌山でアメリカから来た家族と過ごした話
英語通訳の仕事で和歌山にてアメリカから来た家族と過ごした話です。通訳ガイドはゲストによって全然仕事内容が違うのが大変だけどおもしろいところです。とにかく事前準備がすべて。ゲストに喜んでもらうためには、と常に考えて行動しましょう。

 

英語通訳ガイドまとめ

思い描いていた理想と違う部分はいくつかあったけど、それでも通訳ガイドの仕事はとても楽しくてやりがいがあります!

英語を勉強している主婦の方にはピッタリではないでしょうか。

 

そしてやっぱりガイドはこちらの「紹介したい」という気持ちよりも、相手の「こうしてほしい」の気持ちを大事にするべきです。

日本を知ってほしい!見てほしい!という気持ちも、行き過ぎると「押しつけ」になってしまいますしね。

 

興味を持たれた方は、一取得を検討してみてはいかがでしょう。

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました