英語のリーディング力を効率的に向上させてTOEICもアップ!

リーディング

こんにちは。エリです。

皆さん読書は好きですか。どんな本を読んでいますか。

実用書は自分の視野を広げてくれるし、小説はその世界に入り込んで現実逃避できるので私は読書大好きです。

英語の本ももちろんたくさん読みます。朝の電車通勤の時間が洋書タイムです。

朝のルーティン作業の中に読書を入れている人は多いみたいだね!

 

さて話は変わりますが有名な英語の試験TOEIC、受けたことのある人も多いと思います。

あのテスト、リスニングパートとリーディングパートで点数の差が激しいという人、結構周りに多くないですか。

リスニングはいいけどリーディングの点数が伸びないという話、とてもよく聞きます。

私も以前は、いつまでもリーディングパートがリスニングパートに追いつかないことに焦っていました。

そもそも最後まで読むには時間が足りないらしいわね。

ではなぜこんなことが起きるのか、そして効果的にリーディングパートの点数を伸ばす方法をご紹介いたします。

 

TOEICリーディングパートの点数が低い理由

TOEICリーディングパートの点数が低い理由とは。

簡単です。英語のリーディングの量が圧倒的に少ないだけです。

 

多くの人は「英語学習」というとまず「リスニング」を思い浮かべるのではないでしょうか。

本屋に行っても、リスニング教材はリーディング教材に比べてたくさん並んでいる印象を受けます。

 

リーディング重視の学校教育への反発からなのか、とにかく「読むより聞け!目より耳を使え!」という英語学習法が広まっているように思います。

 

確かにリスニングはとても大切。学校ではあまりリスニングってなかったので(私の時代は)その分やらなきゃ!とメインで取り組むのは正解です。私も毎日、朝はリスニングから始めています。

でもそれは、リーディングを疎かにしていいということではないんです。リスニングと同じくらいリーディングってすごく大切。

 

英文読解とリーディング

ありがたいことに、英語を読む基礎は学校で何度もやっていますよね。単語調べて文法調べて。

ただその英文読解の力はリーディング力とはまた別のものです。

 

リスニングと同じで、リーディングも単語一つ一つの意味が分かっても全体として何を言っているのかわからなかったら意味ないですよね。

またこれもリスニングと一緒で、えらい時間かけて調べてやっと意味が分かるレベルじゃ使えないですよね。

 

そうです!リーディング力とは、一部ではなく全体として何が書いているのかを読み返すことなくスピーディーに理解する力です。

 

ポイントは

  • 一部ではなく全体
  • 読み返しなし(文章の順番通りに理解していく)
  • スピード

です。

ではそのリーディング力を効率的に向上させる方法です。

 

英語のリーディング力を向上させる方法

・英語精読

まず英語を読み始めるにあたって、慣れていない人や初心者はこの精読から始めましょう。こちらは英文読解の延長のようなものなので、イメージ付きやすいかと思います。

英語精読のポイントは「質」です。一つの文章をじっくり読み込み、わからない単語は辞書で調べ、文法的にどうなっているのかを検証(これは上級者向け)。

日本語にしてみて意味が通らなければ、なぜなのか考える。ちゃんと理解しているのかどうかを意識して読み進めましょう。

勉強、というより研究っぽいですね。

こういった作業が嫌いじゃない人はやってみましょう。

特に将来翻訳をやってみたい方は、いいトレーニングになります。

効果

英文が正確に読めるようになります。

初めはなかなか文の構造がわからずすごく時間がかかるのですが、慣れてくるとパターンが読めてくるようになります。

知っている単語も増えることで読むスピードも上がり、多読(後述)に近くなります。

ここが目指すところです!

簡単な文章は多読で大量にインプット。難しい文章は精読で理解して、多読に昇華するイメージです。そしてさらに難しい文章を精読し、レベルアップしていく。

精読は単語や文法事項にも詳しくなるので、TOEICの文法問題にも効果的です。

 

・英語多読

さて精読に慣れてきたら多読を取り入れましょう。

英語多読でいちばん意識してほしいことはは「量」です。簡単な英文をさーーっと最後まで、出来るだけ早く大量に読むことです。

さきほどのリーディングのポイント

  • 一部ではなく全体
  • 読み返しなし(文章の順番通りに理解していく)
  • スピード

を頭に入れて、読み返したり辞書を引いたりせずに内容を意識して読みます。初めはゆっくりでも大丈夫。物語を楽しみましょう。

私が他に注意しているポイントをあえてあげるなら、主語と動詞は何であるか、ですかね。

効果

なにより大量に英文を読むことを意識するので、読むスピードが格段に上がります。英語は英語のままで、脳で処理できる情報が増えていきます。これは大きな効果です。

英語に接する機会が多ければ多いほど、慣れれば慣れるほど英語力は向上すると考えているので、通読はその機会を増やすのに最適です。一番のポイントはリスニングと同じで、簡単な英語を大量に、です。

大量に英語に触れることで、英語に対する勘みたいなものも養われます。これはTOEICなどの資格試験で「なんとなく答えこれっぽい」って選んだ解答の正解率が上がるということです。

これを実感するにはだいぶトレーニングが必要ですが、続けさえすれば必ずその日が来ます。

そしてこの英語多読を続けることで、TOEICのパート7で読み返しをすることなく、余裕で時間内に終われるようになります。いいことづくしですね。

 

英語のリーディング力を向上させるまとめ

英語のリーディング力を向上させるのは、私ももちろんとても時間がかかりました。

いつもTOEICのリーディングパートでは時間が足りないし、点数は低いし。質も量も全然追いついていない!そんな感じでした。

そこからなんとかリーディング力向上に向けて精読・多読のトレーニングをコツコツと積み重ねた結果、今ではリーディングパートでは毎回20分前後時間が余るほどになりました。

本来、読み返しせずそれなりのスピードで読むことが出来れば時間は余るはずなんです。

 

リスニングの対策ばっかりやっている人たちと差をつけてみませんか?今日からリーディングトレーニングやってみてくださいね。

 

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました