英語翻訳で手に入れたライフスタイルはどうだったか

翻訳

こんにちは。

もう働くの嫌だ。人に気を遣いたくない。家にいたい。

そう思ってるけど現状を打破できない人、いませんか。

そう思って行動に移して、会社を辞めて翻訳のお仕事をしていた時期がありました。  そこで見えてきたことです。

出勤しなくていい働き方、憧れるなー!


翻訳良かった点

家で作業できる

これはもう、一番にあげられる良かった点です。このために翻訳を選んだといってもいいでしょう。もちろん好きな時間に働けます。

とは言ってもほとんど一日中仕事してましたけど。家での作業なので、面倒な人付き合いも避けられる。メールのやりとりのみというのもありがたい。

好きな英語だから楽しい 

これも大きなポイントでした。好きなことをしているから全然苦にならないし、むしろ毎日楽しい。

しんどい思いして会社行ってたことを考えたら、ほんとに充実度が違いました!

文法力が向上する(英語日本語) 

やはり自分はネイティブではないため、小さな文法の間違いやニュアンスの違いに気付かないことが多々あります。

仕方のないことではありますが、出来る限りのことはやりつくしてから納品したい。

なので徹底的に調べます。英語の表現が自然なのかどうなのか、 そこに自信が持てないことが多くて、友達のネイティブに聞いてみたり、 調べまくったり。

そんなことを積み重ねて文法力が向上すること間違いなしです。 

いろいろ調べて新しい知識を得ることが楽しい

文法だけではなく、背景知識などもとことん調べます。

私がやっていたのは、ある商品を紹介する文を英訳または日本語訳するお仕事でしたが、とにかく調べる!

辞書・シソーラス(類義語辞典)はもちろん、その商品の背景・歴史・状態などなど、 本当に膨大な情報をわかりやすい英文にまとめる。なので自然と知識が増えます。

 

翻訳悪かった点

給料低い

低かったよ!時給換算いくらやねん!私の作業スピードが遅いのかな!?  

パソコンにずっと向かっているので肩こりがひどい

給料よりなにより、実際仕事を始めてみると、一番の問題は肩こりでした。

それまで長時間パソコンに向かって作業することなんてなかった私。こんなに肩こるなんて思っていなかったです。正直なところ肩こりがひどすぎて辞めました。

給料問題は、一家の大黒柱にとっては深刻ね。


 

翻訳必要なもの  

ある程度の英語力 

翻訳に必要なある程度の英語力とは。

感覚ですが、TOEICだと800点くらいでしょうか。

もちろん、英語力が高いに越したことはありませんが。私の場合は、ですが翻訳の仕事を始めた時の英語力はTOEIC860程度だったと思います。

英語力よりも日本語の表現力のなさに情けなくなりました。

それ以上の日本語表現力 

翻訳を始める前に、翻訳の仕事に必要なものっていう記事をチェックしたことがありますが、そこに「日本語力」って書いてあったことを今でもよく覚えています。

私もそうでしたが、翻訳とか通訳って、英語力がものすごく高くて、ネイティブ並みの人がやるんでしょーーって思っていませんか?

私は思っていました。

でも実際は、日本語能力がめっちゃ必要!一番必要!

うまいこと日本語にできなくてもどかしい思いを何度もしました。

そこから意識して日本の有名な小説を読んだりするようになったのでした。

好奇心 

知的探求心とでも言うのでしょうか。様々なことに興味があって、深く知りたい!と思える人には向いています。

パソコン 

パソコンいるよ!Tradosっていう翻訳支援ツールがあると幅が広がるようですよ!(私は使っていませんでしたが)

 

翻訳やってみるには? 

翻訳の求人に関しては、各会社でトライアル(翻訳力を見る試験)があったり 会社により様々だと思います。

フリーで活躍されている方もいらっしゃいますが、生活ができるほどに稼げる方は ほんの一握り・・・という印象です。

とても大変で時間はかかりますが、(給料も低かったですが。しつこいけど)   パソコン長時間OK!で、調べものとか本を読むとか好きな方、ぜひトライしてみてはいかがでしょう。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました