ダメダメ英語通訳ボランティアレポ 冷や汗経験と気付き

英語を使った仕事

こんにちは。朝晩涼しくなってきましたね。エリです。

今回は通訳ボランティアの現場から、臨場感あふれるダメレポです。

仕事はハードルが高くてもボランティアなら誰でも応募できます!

そしてそこから気付いたコミュニケーションのコツをご紹介です。

英語通訳の仕事 和歌山でアメリカから来た家族と過ごした話
英語通訳の仕事で和歌山にてアメリカから来た家族と過ごした話です。通訳ガイドはゲストによって全然仕事内容が違うのが大変だけどおもしろいところです。とにかく事前準備がすべて。ゲストに喜んでもらうためには、と常に考えて行動しましょう。
通訳ガイド(英語)のお仕事は想定外の連続 奈良でのガイドと想定外から学ぶこと
英語の通訳ガイドとして奈良に行った時の話。事前に十分に準備していたにもかかわらず、当日は何かと想定外のことばかり。そんなに大きく失敗することはなかったものの、いろいろ学ぶことの多いガイドでした。こんなこともあるんだ、と参考になれば幸いです。

英語通訳ボランティアに参加したきっかけ

さて、わが町では二年に一回、オーストラリアから中高生がホームステイにやってきます。

そこで町が通訳のボランティアを募集していたので、軽い気持ちで応募してみたのがきっかけです。

応募条件は特になかったように思います。強いて言うなら、「英語が好きな人」くらいは記載されてたのかも。

 

とにかく、たいして通訳の経験がなくても応募すれば通ってしまうという、そんなボランティアです。

参加させてもらうのも、今年で4回目。毎回中学校を訪問したり地域のお祭りに参加したりといろいろやっています。

自分の住んでいる町ですが、知らない魅力再発見や、人とのふれあいなどなど毎回参加して良かったと思えます。

が、今年は私の仕事が忙しいこともあり、ディナーパーティーのみの参加。

 

英語通訳の現場

さて今年も、もはや顔なじみとなった女性の通訳ボランティアさんと一緒。(この方は元CAで、もちろん英語ペラペラ~だけでなくとてもお綺麗で、積極的に会話もされる方で、初めてお会いした時にかなりびびった記憶アリ)

ボランティアとはいえ通訳、相手の言うことは全部聞き取れているに違いない。そう思いますか?

。。全然違います!私の場合は!

 

相手が話し始める度に全神経研ぎ澄ませて集中!それでも聞き取れないときもある。

毎回冷や汗モンです。

もう、誰も話し始めないで~!心で叫びながら、平静を装い笑顔キープ。

同じボランティア通訳で来てはる人のレベルの高さに圧倒されたり。

 

そもそも英語どうこうより、私にはコミュニケーション能力が無いんじゃない?そのくせに取り繕ってばっかりダサ!と卑屈になったり。

特に一方がジョークなんか言おうものなら、もうプチパニックです。通訳した後に笑いが起きなかったらスベった思わせてしまうし。(大阪人魂)

 

固有名詞(有名なオーストラリアの俳優とか)なんて知らんしもう勘弁してください。何回知ったかぶりで「ンフ~ンフ~」とか言ったことか。

 

さらにオーストラリアの発音に慣れません。「day」は「デイ」と発音すると習ったんです。「ダイ」とか発音されたらもう人名にしか聞こえません。

 

正直、笑ってごまかしたこともありました。逃げてしまった。

すみません。。そんな気持ちで。

 

それと、ディナーパーティーとはいえ通訳しながらの席となると、ほとんど食べられません。

ゲストとホスト、両サイドの話に耳を傾けてないといけないし、急にどっちかが話し始めた時に口もぐもぐしてたらアカンし。

軽い気持ちで応募したけど求められる能力は高そうだね。


 

英語通訳ボランティア終わってからの発見

それでも必死に、ほんとに必死に聞き取ろうとしてわかったこと。

相手の目をしっかり見て会話をすると聞き取れる英語が増えます!

言葉だけじゃなくジェスチャーや表情も含めることで、読み取りやすくなるのでしょう。

コミュニケーションを通して受け取る情報のうち、視覚からの情報は55%を占めるそうです。

。。と、こんなん当然のことのように思いませんか?

けども、「知ってる」と「理解している」の間にはとても高い壁があります。

私も知識としては「知って」いました。

ただ実生活で意識することもなく、ほんとに文字として理解していただけ。

でも通訳という仕事をやり続けているうちにだんだんと「理解」してきました。コミュニケーションには言葉以外の要素がどれだけ重要か。

そのことがわかっただけでも参加して良かったのでは。


 

今回はほんの一例ですが、同じように知ってはいるけど理解はできていないこと、たくさんあるはずです。それを見つける作業、考えるだけで楽しそうじゃないですか?

 

自分が成長できる「伸びしろ」を与えられた気分です。

以上通訳レポでした!

オマケ

食べる間がなく下げられてゆくお皿たち

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました