英語学習にどのくらいの時間を当てれば効果がでるのか検証します

コラム

こんにちは。エリです。

さて英語の勉強を始めようと張り切っている人。

今英語の勉強中で目標を持って毎日頑張ってる人。

どのくらい勉強したら効果がでるのか?って気になるところですよね。

 

もちろん人によって、やり方によってだいぶ変わってきます!

毎日集中して学習するのとダラダラでは全然違います。

 

目指すところによっても違ってきますね。例えば通訳を目指す人と海外旅行で話せればいいという人だったら、自然とゴールは変わってきます。

 

そこで私の答えは、どんなビジョンを持っている人でもまず1000時間を目標に頑張ってみましょう!です。

では、詳しい記事をどうぞ!

 

英語をマスターするのに必要な時間は?

アメリカでの研究では、日本人が言語学的距離感が遠い英語をマスターするには2000時間かかるそうです。

日本語と英語はかけ離れた言語ですからね。時間かかりますね。

またよく使われる1000時間理論。どんな分野でも1人前になるには1000時間が必要とされています。

1日3時間で約1年かかるわけですね。

どんな記事を読んでもだいたい、英語マスターには1000-2000時間かかるとあります。

 

そこからさらにプロレベルになるには10000時間必要とのこと。ここまで行くには先が長そうです。本気で英語で食べていこうという方は視野に入れておきましょう。

 

ちなみに!一般的な日本人が中学・高校で英語を学ぶ時間は1000~1200時間だそうです。私立学校や塾に通ってる人はもっと多いはず。

数字だけ見ると、日本人みんな1人前の英語話者になっていてもおかしくない時間です。これだけ費やしたのに日本人の英語力が比較的低いのは残念ですね・・・。

よく言われていますが、学校教育の問題なんでしょうか。

 

私が英語学習に費やした時間

私は普通の中学・高校に通って体育科の大学に進学。

たまに英語をダラダラと聞くことはあったけど、本格的に英語学習を始めたのは25歳のときでした。

妊娠・出産を機に仕事を辞め家にいる時間が増えて。

興味を持ってハマっていたのが英語です。

そこからだいたい毎日3時間勉強。

3時間と聞くと大変そうに感じるかもしれませんが、朝の時間を活用して好きなことをしている感覚だったので毎日楽しかったです。次の日の朝が来るのが楽しみでワクワクしていたくらいですから。

逆に十分に英語に触れられなかった日は1日落ち込みました。なんかショックで。

さてさらにスーパー頑張った年が1年あって、毎日5時間勉強。この時の熱意はすごかった!でもこの1年があったから、今の自分があるのだと思っています。

こんな感じで資格でもなんでもなにか目標を立てて、一気に熱量をぶち込む時期を作ることをおすすめします!自分のレベルが一気に上がるのがわかります。

また反対に、つわりによりまったく英語勉強出来なかったのが合計1年。悔しかった時期。でも過去の積み重ねのおかげで英語力はキープ。

さらには激務などにより英語の勉強時間が1時間前後になった1年。思い出したくない。仕事にやりたいことが制限されるのは辛いですね。

さてさて計算してみると

3×365×7=7665

5×365=1825

1×365=365

中学・高校での学習時間1000。

受験勉強頑張ったので+500として。

合計 11355 時間!

 

1000時間を目標に英語学習を続けよう

まずは中学・高校の勉強を除いて英語勉強時間1000時間を目指してみましょう!

ただ初めからそんなに気張るのではなく、楽しく英語習慣を続けていたら、知らない間に1000時間達成!が理想です。

これだけできれば、その後英語としばらく離れても英語力はさほど落ちません。

 

それにここまで頑張れたら何かしら得るものはあります。

具体的に仕事であったり海外の友達ができたり。資格も取れることでしょう。

ここでひとつ気に留めておいてもらいたいことは、時間と同じくらい密度も大切、ということです。

例えば1日1時間を約3年続けて1000時間達成よりも、1日3時間で1年で達成させましょう!要は「しょっちゅう英語に触れましょう」ということですね。

以上のことを参考に、英語学習を進めてみてはいかがでしょうか。

みなさんの英語学習が上手く進みますように。

 

ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました