毎日の英語習慣ディクテーションとシャドーイングをやめてみた結果

リスニング

こんにちは。エリです。

毎日英語と関わってて少しずつながらも効果を実感できると、めちゃ嬉しくなりますよね。

しかーし、日々継続していると逆に1日2日でも英語に触れない日があると不安になったりしませんか?焦ったりしませんか?

英語のディクテーション・シャドーイングが毎日の習慣になって数年。実はしばらくやめていた時期がありました。

結果、長い目で見た時には英語力は落ちませんでした。が、やっぱり再開初期には英語が口からでてこなかった。

では今日は、英語の習慣をやめた理由、そしてその結果どうなったのか?を書きます。

英語ガチ勢で英語トレーニングを長期間中断したことのある人は少ないんじゃないかと思って記事にしてみたので、参考にしてください。

 

英語トレーニング3ヶ月中断×4回

3ヶ月の中断が今までに4回ありました。理由はつわりです。

ずっと続けてきた英語トレーニングを中断するのは不本意だったし、出来れば続けたかった。

つわりは基本寝ているだけなので、リスニングだけならきっとできる、って思ってた。

そんな甘い考えすべて吹き飛ばすほどつわりはきつく、英語に一切触れることなくあっという間に3ヶ月過ぎました。

 

そしていざ復帰というかリハビリで、少しずつ英語に触れ始めたとき。

いつも聞いていたトレーニング素材、海外ドラマFRIENDSがまあまあ聞こえない。聞き取れない・・!一回聞いたことのある英語のはずなのに。

自分の頭が英語に慣れていない感覚でした。

その時はすごくショック!今まで頑張ってきた英語力・・それが無になってしまったのか?!

焦ってはいたけどリハビリ中、体調も万全じゃない。もどかしいながらも少しずつトレーニングを増やしていく毎日。

で結局どうなったかといいますと、元に戻りました。英語力。

 

本当に良かった!あんだけ毎日頑張ってきたトレーニングは裏切らない。大体半月くらいで、「あ、前みたいに英語聞こえる」と実感できました。

 

今だからこうやって書けますが、当時は結構落ち込みました。

「英語力はそんな簡単に落ちないし挽回可能」とわかってからは、つわりがきても割りと余裕持てました。

 

なので、同じような状況の人。続けてきた英語トレーニング出来なくて焦ってる人。

大丈夫です。後から取り返せるので、考えすぎてストレスにならないようにして下さいね。体調が良くないなら、まず治す!

それでも本音は、トレーニングの中断はしたくなかったですけどね。

 

英語トレーニング半年中断

こちらの理由は激務です。職場が遠いのもあり、なんとも英語トレーニング時間が捻出できない期間約半年。

悔しかったな。けど、無理して体調崩すのが一番よくないし。

この期間は、つわりとは違って通勤電車の中で洋書を読んでいました。

また仕事で英文法について常に研究していたので、つわり期間とは違ってまったく英語に触れていないわけではないです。

ただ、毎日の習慣だったディクテーション・シャドーイングのトレーニングが出来なかった。

その結果、英語力というより咄嗟の英語が出てこなくなりました。瞬発力といいますか。

頭の中で文を組み立ててから話す、という手順を踏まないと話せない!またまた英語に慣れていない状態になってしまった。。

 

けどそれも、ありがたいことに結構すぐ解決しました。トレーニング再開することで、また頭も口も英語仕様になりましたよ。

うすーくとはいえ、リーディングなどで英語に触れていたからか、つわりで離れたら時よりも早く元に戻りました。1週間くらいでしょうか。

 

英語トレーニング中断まとめ

さて英語トレーニングから離れた状況2パターンでした。

結論としては、英語力はさほど落ちません。

けどせっかくのトレーニングで英語に慣れていた状態が、ちょっと遠ざかってしまった感覚です。取り戻すにはやっぱりトレーニングで、おそらく中断期間が短いほど早く復帰(?)できます。

 

でもこれは、トレーニング中断時のレベルにもよると思います。

私は幸い下積みが長く、そこそこ英語力がついてからの中断だったのでこういった結果でした。

これが英語の勉強始めたばかりの初期の初期だったり、継続して十分にトレーニングができていない状態でいきなり中断したら英語力は無に帰すことでしょう。(やったことないから知らんけど)

 

とにかくこの英語学習中断体験でわかったこと。毎日のトレーニングは裏切らない。

 

では明日からも通常運転で淡々と英語のトレーニングを積んでいきたいと思います。

ぜひ皆さんもご一緒に。

ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました