徹底比較!英検1級vsTOEIC950難易度とお役立ち度を検証

コラム

こんにちは。エリです。

さて英語の勉強をしていると英検1級やTOEIC950は1つの憧れですね。

目標に掲げている人も多いでしょう。

私も取得までの数年間はずっと、新年の目標として携帯にメモしていました。

今回は英検1級とTOEIC950何かとよく比較されるこの2つですが、いったいどっちが役に立つのかという視点で、また難易度についても書きたいと思います。

英検1級とTOEIC950、両方取得が理想だね!



 

英検1級vsTOEIC950難易度

英検1級難易度

まずはこちら、英検協会での1級の位置付けをご覧ください。

1級は、英検の試験において最終目標となる級です。広く社会生活で求められる英語を十分理解し、また使用できることが求められます。資格としての活用も入試優遇、単位認定、海外留学など広範囲に渡り、とくに通訳案内士(ガイド)試験の外国語(英語)の筆記試験が免除されるなど、高い評価を得ています。(引用元:日本英語検定協会)

となっております。

とてつもなく高いレベルであることは間違いないですね。

本屋でも英検1級のテキストはあまり見かけません。準1級までです。

受験時周りには、百戦錬磨の猛者っぽい受験者とかなかなかの年長者もいてはって、レベルの高さを物語っていました。

試験前の隙間時間に英字新聞読んでた方も!英検1級ともなると英語は日常の一部なんですね。

二次試験会場の周りでは、英語で電話をしている受験者を数名見かけて、なんって場違いなの自分、て思っていました。

まぐれでもなんでも受かってよかった。

TOEIC難易度

TOEIC自体は難しくないです。日常会話やビジネス初級レベルです。

TOEICの運営機関、ETSが公表しているTOEICの点数と英語コミュニケーション能力との相関表によりますと、860点以上の取得でNON-NATIVEとしては十分なコミュニケーションができる、とあります。

ちなみに895点以上取得者は3.5%だそうです。

950ともなると、取得の難易度は上がります。

英語の難易度というよりは、どれだけ集中できるか。どれだけケアレスミスを出さないか。そういった難しさが加わります。

英検とTOEIC難易度の相関関係

さてここで英検一級とTOEICの相関関係を見るために、CEFRという英語の指標を見てみましょう。

英検 TOEIC比較文部科学省より

 

CEFRとは、外国語の運用能力をはかる国際的な指標です。

CEFRは、A1~C2の6つの等級で構成されています。

  • A1/A2レベルは「基礎段階の言語使用者」
  • B1/B2レベルは「自立した言語使用者」
  • C1/C2レベルは「熟達した言語使用者」

図を見てみると、英検一級は大体C1レベル(2630点が合格点)となっています。

一方TOEICでC1レベルだと、リスニングで490~・リーディングで455~となっています。

これらのことから、英検一級はTOEICでいうと大体945点~ということができます。

 

英検1級vsTOEIC950取得した感想

英検1級取得した感想

英検1級を取得した時の感想です。私は何回か受験して、やっと取得できました。

感想としては、正直全然期待していませんでした。まさにたなぼた。それくらい手ごたえがなかったです。

毎回そうなのですが、完璧に長文理解できた!!とかいうのはないです。リスニングも毎回自信なんてありません。

 

二次試験のスピーチは、運よくめちゃ明るいおばちゃんが試験監でした。

二次はとにかくしゃべったもん勝ちですね。私は文法どうこうより笑いを取りにいって、二回ほど笑かしたことが良かったんじゃないかと思っています。

スピーチは「話そうとする姿勢」が何より大切!
英検1級長文読解対策とおすすめ参考書 難易度はどんなものか
英検1級長文読解の効果的な対策方法とおすすめの参考書の紹介です。1級は難しいと思われていますが、この長文読解のパートでは満点を狙えるし、実際使われている単語はそこまで難しくない。その上でどう進めていけばいいのかがわかります!
英検1級のライティング(英作文)と二次試験(面接)対策に使った表現集大公開
こんにちは。エリです。 息子が英検5級受けるそうです。頑張ってほしいです。 さて英検1級の対策について。 私がライティング(英作文)と二次試験(面接)対策に使った表現集です。 いろんなサイトなり本なり過去問なり調べてまとめたものです...
英検1級リスニング対策 合格のためにやるべきこととは
英検1級リスニング対策です。難解と言われているこの資格。今回は特にリスニングで点を稼ぐためにやるべきことです。各パートでどんな特色があって何をすればいいのか。ちょっとしたコツや考え方などが、この記事を読めばわかります!
英検1級の英作文(ライティング)で合格点を取るおすすめ攻略法
英語を勉強している人ならいつかは取得したいと思っている英検1級。今回はその英作文(ライティング)で合格点を取るための効果的な対策方法を記事にしました。ポイントを押さえて、あとはそれに沿って書いていけば難しくはありません。英作文を得点源にしましょう!

 

TOEIC950取得した感想

英検とはだいぶ違って、今回はいけたって確信がある回は点数高いです。結構忠実にその時の英語の実力を反映してくれるテストです。

950点取得した回は、満点ちゃうかなって勢いでほとんど解けました。

受験時のポイントはまた別に書こうとは思いますが、集中力が大きなカギ。時間長いしリスニングはどんどん進むし、ボーっとはできません。

いかにケアレスミスをなくすか、ですね。

 

英検1級vsTOEIC950就職時の感触

英検1級

就職試験や面接で英検1級の感触が一番良かったのは、教育界でした。

英語の先生ですね。

逆に一般企業ではあまり英検については触れられません。

履歴書に書いていても注目されるのはTOEIC950のほうばかり。

 

教育界では英語の先生とはいえ取得されていない方がほとんどのようで、でも1級の難しさは知っている、という人が多かったです。

そういったことからか、1級持っていると一目置かれます。時に敬遠されます。

TOEIC950

TOEICは世間一般の認知度が高いようで、就職には役に立つことが多かったです。

英語を使う英文事務仕事での面接時も、英検よりTOEICに食いつく傾向アリでした。

友達にもたまに聞かれるのは「TOEIC何点?」

それだけ浸透しているんですね。

ちなみに以前ハローワークにお世話になった時もTOEIC受けはめちゃ良かったです。英検のことはなにも聞かれなかったのに。

英検は日本でしか通用しないから仕方のないことですね。

英検の方が、取得に苦労したのにな。

 

英検1級vsTOEIC950まとめ

教育界には英検1級、それ以外にはTOEIC950が受けがいい。

それがよくわかりました。

これを読んでどちらの取得を目指すかは、人それぞれかと思います。

取りにくさでは英検1級でした。

何かの参考になれば嬉しいです。

ありがとうございました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました