英語で会話の返事がヒトコトしか続かない!そんな人には1000本ノック

スピーキング

こんにちは。低気圧が近づくと頭痛が始まります。エリです。

さてせっかく英語で会話をする機会があっても、全然会話が続かない!相手の言ってることはわかるのに、とっさに返せない。

そんな悔しい経験ありませんか?

私も初めの頃は、返事はもっぱら

Yeah, OK, I know, well, you know

などのローテーションで取り繕っていました。

しかしもったいないですよね!せっかくの機会というのもありますが、英会話をしている相手に「話続かないなーーー」と思わせてしまうのは残念です。

そこで今回は、私が英会話をそれなりに続けられるようになった方法をご紹介します。

とても簡単なので、あらゆるレベルの方で英会話を続けさせたい方!

読んでくださいね。


英語の会話のキャッチボールにオススメの一冊

なかなか英会話の次のヒトコトが出てこない!そんなお悩みに最適な本がこちらです。

1000本ノックシリーズです。

簡単に内容を説明しますと、英語の質問に対しての答え方が載っている本です。

が、ここで!

この本の著者であるソレイシィ氏考案の新学習法「3H方式」を使います。とてもユニークであり、効果的な方法。

1000本ノックシリーズ使い方

第1ラウンドは、とにかくHitokoto(ひとこと)をすぐに返す。

とても簡単な例ですが、”Do you play tennis?”に対して”Yes, I do.”と返す、といった感じ。

第2ラウンドは最初のひとことにHosoku(補足)する。

”I usually play tennis after school. ”といったようにね。

そして第3ラウンドは会話のHazumi(はずみ)になることばを付け足すか、または相手に投げ返して会話をつなぐ練習です。”How about you?””Do you play tennis as well?”なんて言葉をつなげる。

これさえ身につければ、どんなことを聞かれても大丈夫。自分のことばで答える自信がつきます。

やるべきことはとてもシンプルでわかりやすいので、初心者の方でも迷うことはありません。

他にも入門編・ビジネス編とあります。

 

1000本ノックシリーズ効果

この本のいいところは、まずとても実践的なところです。

ただ聞いて読んで~だけで終わる教材ではなく、実際に質問に反応しなくてはいけません。

そこがとても効果的なトレーニングになります!

テキストには答えのサンプルが2パターンずつ掲載されていますが、CDに収録されているのは質問のみ。ポーズのあいだに自分で答えなくてはなりません。

CDのポーズ時間が3秒→6秒→10秒と少しずつ長くなりますので、その秒数の間に答えられるように繰り返し練習します。

徹底して「話すこと」を促されます。

 

英語のリスニングトレーニングなどでは、集中して聞こう!と思って取り組んでも途中からはいつのまにか「ただボーっと聞いてるだけ」になりがちです。

この本&CDでは反応することが必須なので、頭の中ではフル回転で答え続けることになり、会話のキャッチボールの練習効果はバツグンです。

 

また内容は、日常会話で頻繁に受ける質問や、話をするキッカケになる問い掛けが満載です。すぐに実践で使えそうなところもいいですね!

 

1000本ノックシリーズでトレーニングする内容

実際めっちゃ簡単な受け答えですら、急にとなるとなかなか口から出てこないですよね。

”How are you?”って質問(というか挨拶)にも満足に答えられない。

反射的に”I’m good”とでも言えれば会話が続くのに、一度流れを停滞させてしまったらもう自然な流れの会話に戻すのは難しい。

今までそんな悔しい思い、何回もしました!

 

そこでこの本の最初のパートでは、あいさつなどの基本表現をほぼ網羅し、即座に答える瞬発力を鍛えます。

どういった受け答えが相手に好印象を与えるかのアドバイスもたくさん!

そういったネイティブ感覚は、非ネイティブの私たちには本当に助かります。

 

定番表現をマスターしたら、次は様々な状況で使われる自由な会話に進みます。

Do you…?で始まるごく基本的な質問からスタートして、少しずつステップアップして行きます。

内容の一部をご紹介します。↓↓

・Do you…?
・Are you…?
・Did you…?
・Do you…often?
・Where…?
・What…?
・When…?
・Who…?
・How…?
・What do you do…?
・Why…?
・Have you…?
・A or B?
・How+形容詞…?
・How do you like…?
・Don’t you…?
・…, isn’t it?

こういった質問に対して即座に反応できるような瞬発力を鍛えます。

 

英話の会話のキャッチボールを鍛えるまとめ

誰もが知ってる簡単な表現でも使えなかったら意味なしです。

使えるようにするためには、単純な表現を何回も繰り返して脳の回路に入れ込んでしまうこと。

急な質問にもすぐ答えられる瞬発力をつけること。

ぜひ、やってみてください!

ありがとうございました。



コメント

  1. […] 英語で会話の返事がヒトコトしか続かない!そんな人には1000本ノックせっ… […]

タイトルとURLをコピーしました