英単語勉強法!キクタンでリズムに乗って効率よく英単語暗記

英語勉強法

こんにちは。エリです。

英語の勉強何が大変かって英単語暗記って人多いのでは!

しかし重要なのもまた英単語暗記。

やっぱりある程度基本は英単語暗記。

私は英検1級の勉強をしていた時にガッツリ集中して英単語を覚えました。

英検1級の単語が覚えられない!レベル半端ないけどおすすめ勉強法は?
英検1級の単語はレベルが半端なく高いということで有名です。そこでつまづいている人も多いのではないでしょうか。そこで私が1級の試験で23/25点というなかなかの高得点を出して、さらにその後も覚え続けていられる勉強法をご紹介します。単語暗記の参考にどうぞ。

それ以前には隙間時間に英単語を聞いて覚えていました。

今回はその時に使っていた単語帳のご紹介です。

単語帳と向き合うことなく、耳から気楽に覚えたい人にオススメです。

 

オススメ英単語帳キクタンとは

オススメの英単語帳キクタンとは。

アルクから出版されている英語学習教材で、単語習得を目的としたものです。

受験生から大人まで、幅広い世代に選ばれています。

高校の現場でも、もちろん活躍していますよ。

2013年英語教材顧客満足度調査で“リスニング留学経験者満足度最優秀賞”、 2012年英語教材顧客満足度調査で“総合満足度優秀賞”を受賞しています。

この英単語帳の最大の特徴は、チャンツと言うリズムに乗せて単語を次々と記憶に定着させていく点です。

リズムがあれば覚えやすいのは、歌をなんぼでも覚えちゃう子どもを見てたら明らかですよね。

毎日毎日聞くだけで意識しなくても単語が頭に入ります。

見たことある単語帳だ!すごく信頼されているんだね。


 

キクタンのメリット

・リズムに乗せて覚えるので定着しやすい

チャンツに乗せて覚えることで、知らず知らずのうちに記憶に定着していきます。

例えば長文の中にわからん英単語がでてきた時。

パッと見た時はわからん単語や!ってなるけど、頭の中で発音するとふっと頭にチャンツと意味が浮かびます。

ちょっと快感!

しかも、ずーっと記憶に残っているのがすごい。リズムってすごい!

・続けやすい

ちょっとした隙間時間にできます。

他の英単語帳だと、まず単語と向き合い繰り返し声に出し必要なら紙に書いて、っていう流れが普通ですよね。

キクタンなら聞くだけでOKなので、忙しい毎日でも続けやすいです。

・1日ごとの単語数が決まっている

1日8語~16語×60~75日(シリーズにより変動)。

思っていたより多くないでしょ。

・でる順

話し言葉・書き言葉・入試問題のデータベースを駆使し、本当に有用な知識を身に付けられるよう工夫されています。

入試での出現頻度や一般の英文における重要度も考慮。効率よく最小限の単語数で 最大限の効果を狙えます。

 

キクタンのデメリット

・スペルを覚えられない

耳から覚える英単語なので、どうしてもスペルは弱くなってしまいます。

そこまで完璧にしたい人は、書いて覚える作業を入れましょう。

・CDチャンツには単語1つに1つの意味のみ収録

CDには英語と日本語が交互に収録されています。例

日本語の部分が1つの意味だけなので、多義語は別で覚えましょう。

似たような意味ならまだしも、全く違う意味を持つ単語は厄介ですね!

 

基本のキクタンシリーズ

キクタンはレベル別に選べます。

基本はこちらのシリーズですが、他にもTOEICや英検に特化したバージョンもあります。

対象レベル 中学3年生~高校1年生
英検:4~3級
TOEIC:200点レベルから
CEFR:A1レベル
収録語数 520
1日の学習 8語
音声の提供 CD2枚付き

 

対象レベル 大学:中堅私大
英検:3~2級
TOEIC:350~600点程度
CEFR:A1〜B1レベル
収録語数 1200
1日の学習 16語
音声の提供 ダウンロード形式

 

対象レベル 大学:難関大学
英検:準2~準1級
TOEIC:470~800点程度
CEFR:A2〜B2レベル
収録語数 1120
1日の学習 16語
音声の提供 ダウンロード形式

 

対象レベル 大学:中堅私大~超難関大学
英検:準1級~1級
TOEIC:785点レベルから
CEFR:B2〜C1レベル
収録語数 1120
1日の学習 16語
音声の提供 ダウンロード形式

 

 

キクタンの使い方

・その日分の単語を少しずつでも毎日聞く

1日ごとにやるべき単語数が決まっているのでやりやすいです。それを出来るだけ何回も繰り返しましょう。

それが理想ではありますが、少なくとも1回は聞くように心がけてください。

・単語帳見ながら声出すとさらに良い

隙間時間に耳から覚えるのがこの単語帳のメリットではありますが、余裕があれば単語帳でスペルをチェックしながら目からも英語を入れてみましょう。

できるだけ五感を使って暗記することで、効率が格段に上がります!

さらに余裕があって効率を上げたいという人はプラスで書く作業を入れてもいいですね。ただ嫌になって途中ですべて放り出す危険がある人は(飽き性の人は)、最初から聞くだけにしときましょう。

・うまく復習のサイクルを入れる

1日目の単語から順々に続けていって、しばらくしてふと気づくと1日目の単語を忘れてしまっていることがよくあります。仕方のないことなので、英単語は忘れる前提で覚えましょう。

とはいえ、できるだけ忘れたくないですよね。せっかく覚えたのに!

そこで忘れ対策!

1-2週間くらい進めたら一度戻ってまた最初から始めます。

 

こうすることで記憶はより強固になり、忘れにくくなります。

完全に覚えるまで、何周もしましょう。

(完全に覚える=英語を聞いたら瞬間的に日本語がでてくる状態)

最終的にキクタン1冊終わったら、ダメ押しで仕上げの1回をやっておきましょう。

 

英単語帳キクタンまとめ

「リズムに乗せて覚える」というのはすごく効率がいいです。

私も高校の時、「歌の歌詞はすぐ覚えられるのにな!」っていう気付きからいろんな歌に乗せて単語を覚えました。

そして今でも覚えています!

歌を吹き込んだテープ(当時はテープ)は恥ずかしすぎて全捨てしましたが、効果は絶大。

オススメの勉強法の1つです。

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました