英単語学習は書いて覚える必要なし!その5つの理由を紹介します

英語勉強法

こんにちは。りょうです。

英語学習の基本の一つに英単語の暗記がありますよね。

いろいろな暗記方法がありますがこれだけは言えます。

英単語をいきなり書いて覚える必要はないし、むしろ効率が悪くて時間の無駄です。

では、英単語を書いて覚える必要のない理由5つをご紹介します。

効果的な覚え方の参考は↓

【英検1級】単語が覚えられない!おすすめの単語帳と覚え方の紹介
英検1級の単語はレベルが半端なく高いということで有名です。そこでつまづいている人も多いのではないでしょうか。そこで私が1級の試験で23/25点というなかなかの高得点を出して、さらにその後も覚え続けていられる勉強法をご紹介します。単語暗記の参考にどうぞ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

英単語を書いて覚える必要がない理由

まず初めに、英単語は英語学習においてめちゃくちゃ大事です。

英単語は英語学習の基礎なので避けては通れません。

英単語さえ覚えていれば、それだけで長文の意味がなんとなく伝わることも多いです。

その英単語を覚える作業ですが、ノートにびっしり書き込んでスペルも完璧に暗記!という人もいるのではないでしょうか。

私も学生時代はまさに、書いて覚えるがメインでした。それを強要されていたっていうのもあったし、それがベストな方法だと信じていました。

そして試験が終わったらすべて忘れるというね。お決まりパターンの繰り返しでした。

しかし今、大人英語学習者として断言できます。英単語を書いて覚える必要はないと。

理由①英単語は見てわかればよい

英単語は基本的に見て意味がわかればOKです。漢字でも「薔薇」とか書けないのと同じでしょうか。

今までいろいろ英語を使う仕事をしてきて、スペルを正確に覚えていなければいけなかったことはほとんどありません。

正確に覚えるよりもパッと見で瞬時にわかるほうがよっぽど重要。

通訳でも翻訳でも英文事務でもそうなんですけど、調べればあっという間に正確にわかる英単語のスペルに、わざわざ脳の容量食わせるのもったいなくないですか?

(唯一英語教員は、スペル間違えると生徒から突っ込まれる&若干信頼度落ちるので覚えたほうがよいです。)

 

とはいえ英検を目指している勢は英作文にスペル必要では?と思ったアナタ。

大丈夫、英検の英作文ではそもそもスペルが怪しい英単語のチョイスはNGです。

簡単で馴染みのある単語を使うのが鉄則です。

【英検1級】の英作文(ライティング)で合格点を取るおすすめ攻略法
英語を勉強している人ならいつかは取得したいと思っている英検1級。今回はその英作文(ライティング)で合格点を取るための効果的な対策方法を記事にしました。ポイントを押さえて、あとはそれに沿って書いていけば難しくはありません。英作文を得点源にしましょう!

理由②発音が怪しくなる

英単語を書いて暗記すると、そのスペルだけに意識がいってしまいます。

真面目な人ほど完璧に覚えようとして、ついついおかしな発音を作りだしてしまったり。

皆さんも経験ありませんか?例えば私の場合、いまだに "language" の単語を書こうとするときは頭の中で「ラングアゲ」と唱えてしまいます。

さすがに会話で言うことはないですが、学生ではこの「スペル暗記のために編み出したおかしな発音」が定着してしまった子、よく見かけます。

(今教えている中一では "saw" は「サウ」だし "out" は「オウト」と読んだりします。しかも結構たくさんの子が)

これ、無意識に言っちゃうとかなり恥ずかしいんですよね。

りょう
りょう
中学生くらいの子どもは、学校の英単語テストのためにまじめな子ほど書きまくってるね


英単語テストは必要だけど、やり方や採点基準を見なおせたらいいんだけど(自戒をこめて)
主夫
主夫


理由③書いて覚えるは時間がかかりすぎ

英単語をノートに書いて覚える場合、おそらく1回2回ではないですよね。

何十回も書いて書いてノート真っ黒になるまで!頑張る人もいてます。

いつまでも覚えられない英単語は、さらに何十回と書いて時間がかかるばかり。

特に大人の英語学習者は、仕事に家事に追われて少ない時間をなんとか捻出して勉強時間に充てている人がほとんどなのに、英単語を書いて覚えることで時間の大半が持っていかれるのはとてもとても効率が悪いです。

英語独学主婦の時間捻出法 上手く使って効率アップ!
主婦をしながら英語を独学していると、なかなか時間がとれないものです。仕事をしているとなおさら!上手いことメリハリを付けて乗り切りたいものです。そこで、私の時間捻出法を紹介します。時間の使い方の参考になれば嬉しいです。

理由④勉強した気になってしまう

個人的に1番危険なデメリットじゃないかと思っています。

英単語を書きまくることで勉強した気になってしまう。恐ろしい罠です!

私も経験ありますが、英単語をノートにめちゃ書くとめちゃ疲れます。

ノートも真っ黒になるから、達成感もあるんですよね。今日はすごく勉強やってやった!みたいな。

でもこれ完全な自己満足で、実際たいして覚えていません。もしくはすぐ忘れます。

理由⑤単調すぎて英語が嫌になる

英単語をノートに書きこんで覚えるという単調かつ地味な作業を長時間続けると、脳がつまらないと認定して思考停止に陥ってしまいます。

この単純作業をつまらないと感じてしまうのはいったいどうしてなのかというと、同じことの繰り返しで変化がなく飽きてしまうということ。

とある脳科学者によれば、私たちの脳には、同じ刺激が与えられた際に反応が小さくなる「馴化(じゅんか)」という機能があるのだそうです。最初のうちはつらいとは思っていなかった単純作業でも、脳がその作業に慣れてくると、マンネリ化して飽きてしまうのです。

つまり、「単純作業がつまらない」というのは、誰にとっても至極当たり前の感情であると言えます。

このネガティブな感情を、英単語を覚える作業の中で植え付けてしまうのはとてももったいない。無意識のうちに英語を「つまらん」と勘違いしてしまうわけですから。

この場合、要は単純作業が良くないわけなので「歩きながら声に出して英単語を覚える」とか「お風呂に入りながら10単語覚える」とか工夫次第でマンネリは防げそうですね。

 

英単語は書いて覚える必要がないまとめ

英単語を書いて覚える必要がない理由5つでした。

まとめると

  • 英単語は見てわかればよい
  • 発音が怪しくなる
  • 書いて暗記は時間がかかりすぎ
  • 勉強した気になってしまう
  • 単調すぎて英語が嫌になる

以上参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語勉強法
スポンサーリンク
りょうをフォローする
英語初心者主婦が独学で英語を仕事にするまで

コメント

タイトルとURLをコピーしました