英語のリスニング勉強法の決定版!これさえやっておけば勝手に上達します

リスニング

こんにちは。りょうです。

英語のリスニング力を向上させて、テレビや洋画を字幕なしで楽しみたい。ネイティブとの会話も話の腰を折ることなく続けたい。

そんな目標を立てて英語を勉強している人も多いですよね。

私もかつては、ネイティブと話していても自分のリスニング力が弱いせいで会話が成り立たない。

今までそんな悔しい思いばっかりしてきました。

そこでなんとか英語のリスニング力を鍛えるべく様々な教材や勉強法を試しては挫折し、また試しては効果が出ず。

そんなんを繰り返して現在たどり着いた、確実にリスニング力を強化するための方法で、今でも毎日行っているリスニングの勉強法をご紹介です。

この勉強法を毎日続けて、英検1級レベルのリスニングも付いていけるようになりました。

  • リスニング力を確実に向上させたい人
  • 発音記号などのややこしい・専門的な長い話はいいから勉強法をサクッと知りたい人

に読んでもらえたら嬉しいです。

りょう
りょう
出来るだけ早く確実に、リスニング力を向上させたい人必見です

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

英語のリスニング力を上げる勉強法:ディクテーション

英語リスニングの勉強法としてはかなり有名なので、知ってる方も多いであろうディクテーションです。

英文を聞いてそのまま書き取るという、わりと地味なやつです。英語を書きとりながら、聞き取れていない部分を確認します。

ですが、その効果は絶大! 3か月でも試してみたら、必ず成長を実感できます。

ディクテーションのやり方

ではディクテーションのやり方を紹介しますね。

  1. 英文を1文ずつ聞いて、書き取る。書き取れなかった部分は繰り返し聞く。だいたい5回聞いても無理ならあきらめる。
  2. 最後まで書き取ったら最初から通して聞いて、漏れやミスがないかチェック。
  3. スクリプト(英文)をチェックして、間違えた部分を赤ペンで修正。なぜ間違えたのか解析。→単語を知らなかった?早口で聞き取れなかった?など。
  4. 日本語チェック。
  5. 修正部分をの音を意識しながら音読。         
  6. スクリプトを見ずに、音声だけを頼りにシャドーイング (聞こえた音声に続けて自分も発声するやつ・後述します)。   

こんな感じです。

ディクテーションの効果

最初にも書いたように、効果は絶大です!

ディクテーションは、英語を聞き流すだけではなく書き取らなければなりません。つまり、とても集中して聞こうとするためリスニング力がとにかく向上します。

自分がどんな音に弱いのか?いつも聞き間違える単語はなにか?がはっきりするので、弱点を効果的につぶすこともできますね。

さらにディクテーションには普段やらない「英語を書く」という作業が含まれます。

書くことで得られることはとても大きいです。スペルももちろんそうですが、正しい英語構成や文法も知らず知らずのうちに身に付く。一石五鳥くらいのお得感!

どんな教材を使ったらいいの?

地味なトレーニングだけに、自分が興味のある、楽しく続けられる英語教材を選ぶのがポイント。目安としては、予備知識なしで7~8割聞き取れるくらいでしょうか。

現在私はhuluで海外ドラマやアニメを使ってディクテーションをやっていますが、英語なんかナチュラルスピードだし省略やスラングなんかもガンガンでてきます。

huluで見れる海外ドラマにはとてもためになる表現が満載だし、たぶん一生かかっても見切れないんじゃない?ってくらいコンテンツ充実なので、登録オススメです!

とはいえ初心者の方には海外ドラマいきなりはきっつい!

なので始めのころはいろいろ英語教材使っていました。

やっぱり録音されてる音声はゆっくり丁寧に話してくれるので、リスニングもしやすいし初心者向きです。

そして、初めの頃に使っていた教材でおすすめなのがこちら。

速読速聴英単語シリーズ!

内容が多岐にわたっていて、とても興味深いです。

当時の私のレベルに合っていて、ディクテーションも頑張ればなんとかできたので、飽きることなく続けることができました。

続けることさえできれば、あとは勝手に英語リスニング力は向上します。

途中でCore→Advancedとレベルアップしましたが、トータルでかなり長いことお世話になった本です。

今でも車で聞いたりしてます。

 

やり方自体は全然難しくないんですよね、ディクテーション。だから誰でもできるんです。

難しいのはこのリスニングのトレーニングを習慣レベルに落とし込むこと。継続することですね。

毎日付き合う英語なので、自分に合う教材選びは大切です!

ディクテーションの効果的なやり方を紹介!リスニング力向上には必須
ディクテーションで英語のリスニング力を向上させたい!そんな人に向けての記事です。英語はやみくもに聞き流すだけでは効果はあまり期待できません。細部まで徹底的に聞きつくすディクテーションの詳しいやり方を身に付けてリスニング力を向上させましょう!

 

英語のリスニング力を上げる勉強法:シャドーイング

さてもう一つの英語リスニング勉強法、シャドーイングです。

これは聞こえた音声をそっくりそのまま真似して発音する方法です。

シャドウ=影、ですよね。まさに影のように続けてついていくイメージです。

英語を聞きながら、聞き取れていない部分を確認します。

シャドーイングのやり方

  1. 対象の英文の訳・ニュアンス・単語など、できるだけ多くの情報を頭に入れておく。
  2. スクリプトを見ずに英文を流し、聞こえたままに続けて発音する。イントネーションや感情など、そっくり真似をするつもりで。
  3. ②を30回程繰り返す。

です。

 

ポイントは

・状況をイメージして、英語ネイティブになりきる

ことです。家族に見られたらかなり恥ずかしかもしれませんが、大丈夫。すぐ慣れます。

なりきることで、実際同じような状況になった時にその英語のセリフがふっと頭に浮かびますよ。

シャドーイングの効果

ディクテーションのトレーニングの最後にもこのシャドーイングを載せました。

シャドーイングをすることで、英語をナチュラルスピードで理解できるようになるし、英語独特のイントネーションや発音などリズムがつかめます。

またリスニングに関しては、ある日突然英語が聞き取れるように!?みたいな奇跡というよりも、少しずつベールがむけていくように英語がわかっていくという感じです。

そしてとにかく口を動かすことで、英語を話すことに一種の「慣れ」を感じることができます。

普段から英語を口に出すことに慣れておかないと、いざネイティブと会話って時に絶対話せません。

ほんといいことづくしなのでぜひやってみて下さい。

シャドーイングのやり方をレベル別に徹底解説!おすすめ教材も紹介
英語のリスニング力向上にかかせないシャドーイングの説明です。通訳のトレーニングとしてもおなじみで効果も高いので、挑戦してみてください。今回はレベル別に初級・中級・上級とわけてあるので自分に合ったレベルから始めて下さい。おすすめ参考書も紹介!

 

英語のリスニング力を上げる勉強法まとめ

英語のリスニング力を上げるトレーニングは、高いお金払って英語教室に通わなくても自宅で一人でできるんです。

すごく魅力的じゃないですか?

低コストだしとにかく一度、3か月はトレーニングをしてみてください。

自分の変化にだんだんワクワクしてきます!

ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
リスニング英語勉強法
スポンサーリンク
りょうをフォローする
英語初心者主婦が独学で英語を仕事にするまで

コメント

タイトルとURLをコピーしました