英検1級の単語が覚えられない!レベル半端ないけどおすすめ勉強法は?

英検

こんにちは。エリです。

今回は英検1級の単語についてです。英語学習者なら目指してる人も多いのではないでしょうか。

とはいえ過去問の単語パートを見ただけで、あきらめて過去問閉じてそっれきり。レベル高すぎ。

そんな人もいますよね!

英検1級の単語は、他のパートに比べて難しいことで有名です。

 

私が1級に合格したのは二年ほど前ですが、それまではまさに英単語見ただけであきらめていました。

それが実際に思い切って取り組んでみたら、思っていたほど高い壁でもなっかた。その時の英単語の勉強法をご紹介します。 

参考にしてみてください。

英検1級長文読解対策とおすすめ参考書 難易度はどんなものか
英検1級長文読解の効果的な対策方法とおすすめの参考書の紹介です。1級は難しいと思われていますが、この長文読解のパートでは満点を狙えるし、実際使われている単語はそこまで難しくない。その上でどう進めていけばいいのかがわかります!
英検1級の英作文(ライティング)で合格点を取るおすすめ攻略法
英語を勉強している人ならいつかは取得したいと思っている英検1級。今回はその英作文(ライティング)で合格点を取るための効果的な対策方法を記事にしました。ポイントを押さえて、あとはそれに沿って書いていけば難しくはありません。英作文を得点源にしましょう!
英検1級のライティング(英作文)と二次試験(面接)対策に使った表現集大公開
こんにちは。エリです。 息子が英検5級受けるそうです。頑張ってほしいです。 さて英検1級の対策について。 私がライティング(英作文)と二次試験(面接)対策に使った表現集です。 いろんなサイトなり本なり過去問なり調べてまとめたものです...
英検1級リスニング対策 合格のためにやるべきこととは
英検1級リスニング対策です。難解と言われているこの資格。今回は特にリスニングで点を稼ぐためにやるべきことです。各パートでどんな特色があって何をすればいいのか。ちょっとしたコツや考え方などが、この記事を読めばわかります!

 

 

英検1級の単語は必要か

英検1級の単語はとにかくレベルが高いことで有名です。

必要単語数は

  • ネイティブ(教育受けてない層) 10000語
  • 英検1級 12000~15000語
  • ネイティブ(インテリ層) 20000語

だそうです。レベル高いですね。

日本で生活している限り、ほとんど出会うことのない単語ばかりです。

とはいえ、海外ドラマやニュースでは英検1級単語を見かけることが多いです。CNN STUDENT NEWSでも使用されているので、やはり英語圏ではみんな知ってるレベルなんでしょう。

そこでぶちあたる「1級取得のために膨大な数の単語なんて覚える必要ないんじゃないのか説」

当時、英検1級勉強法をいろいろ検索していましたが「とにかく単語!」派の人と「単語は捨てよう!」派の人がいたように思います。

そこでの私の結論は 単語は必要!捨てたらあかん! です。 

以下、その理由です。

 

①英検1級を目指すレベルの人にとっては決して無駄にはならない         

学生向けのニュースにも出てくるわけだし。英検1級取得後も通訳や翻訳を目指すなど英語と関わっていくつもりなら覚えておくべき。

そして先述の通り、英語圏の人はだれでも知っているレベルです。

 

②単語のイメージを刷り込むチャンス          

英検1級取得っていう目標でもないと、わざわざ単語を覚えようと思う人は多くないはず。

英単語は新聞やテレビで自然に覚える~なんて悠長に構えてる暇があったら今!短期集中で覚えたほうが効率良し。

あと「英単語は費やした時間のわりに、問題の配点を考えるとわりに合わない」みたいな意見も見たことありますが、知っていれば点数に直結するわけだし、対策の価値はあるのでは??と思います。

あのとき英単語やっといてよかった!って思う日が必ず来ます。

 

英検1級の英単語勉強方法

さて、私が英検1級取得のためにやっていた英単語対策を紹介しますね。 ご参考までに。

使っていた英単語集と利用法

これです。王道です。あれこれと手を付けるよりも この単語集だけを完ぺき☆にしておけば、試験はきっと余裕でしょう。 試験を見ていても、特に熟語とか単語集そのまま出題ってありました。

 さて、単語集の使い方について。

私は、 英単語を「書いて覚える」 「文章の中で覚える」 がとにかく苦手だったので、 大量の英単語を毎日サーーーーっとチェックだけして、それを繰り返す、 という方法で覚えました。 通訳のトレーニングのクイックレスポンスというやつですね。

 

この英単語集は難易度別に分かれているので、それぞれで単語帳を切って(ほんとにはさみで切る)コンパクトにして持ち歩いてました。

ちなみに持ち歩くというのは、外出時にカバンの中に、とかじゃなくポケットに入れて常に携帯です。

ちょっとした隙間(お湯沸かしてる間とか)に英単語を確認していました。

 

さらに詳しい英単語勉強法

もう少し詳しく英単語の勉強法を書いておきます。

  1. すべての単語にアクセント記号を入れる
  2. すでに知っている単語は除外
  3. 単語を見て発音して、さらに日本語見て単語にイメージをつける

という手順です。これを隙間時間に何度も何度も繰り返していました。

 

この英単語勉強法のデメリットは、飽きるということです。

毎日同じことやっているから、これでほんとに覚えられるのか疑問。

しかーし、それを上回るメリットがあります。なんやかんやで毎日続けた結果。

実際の1級の試験では23/25という、 なかなかの高得点(自分的に)が取れました!

 

面白かったのは、「正解はコレ!!」って 確信を持って答えられた問題はよりも、 「なんとなく、、、こっちかな~雰囲気的に!」って選んだ問題の正解率がすごく高かったこと!

その時初めて、毎日の単語流し読みの効果が実感できました。

この、イメージで頭に入っている感覚。(例えば molester って単語を見たら、 「痴漢」という言葉よりも先に満員電車に乗ってるおじさんと若い女性のイメージが浮かぶ、みたいな。ネガティブなイメージも一緒に浮かびます。)

実はとっても大事です。左脳よりも右脳に働きかける感じでしょうか。

 

そしてそのポイントは、「毎日、大量」

1日1/3冊ずつくらいのペースで進めていました。 そしたら一週間で二周できますよね。それの繰り返し。

時々最初に戻って復習を入れるとさらに効果的!


 

あと、イメージで覚えておくと、何年経っても記憶に残ります。 学生の頃、あんなに頑張って書きまくって覚えた英単語知識はすぐ忘れるのに。 

 

現在は、英検1級の単語帳はもう使っていませんが、新しい自作のフレーズ集を使って 毎日覚えています。

長期的に単語を覚えていたい方にお勧めの方法です。

今頑張ればこれからずっと単語を覚えておけるなら、やる気になるわね!


 

英検1級の単語勉強法まとめ

以上、英検1級の単語勉強法でした。

毎日英単語を「勉強する」というより「チェックする」といったくらいの感覚で、日常のサイクルに組み込んでみましょう。

積み重なれば知らない間にかなりの量の英単語がストックできています。

英検1級対策の参考になりますように。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました