初受験者向けTOEIC直前対策 1日前に読んでおけばスコアアップするかもしれない

TOEIC

こんにちは。エリです。

明日TOEICなんだけど、今から攻略法とか裏技とかたくさん覚えるの無理な人。

明日までは覚えておけそうな量でコンパクトにまとめた対策です。

劇的にスコアアップさせたい人は日々コツコツ頑張りましょう。

 

 

直前対策TOEIC全体

・先の丸まった鉛筆を使う

細かいことですが、結構大事です。

先の細いシャープペンシルだとなかなかマークするのに時間かかります。

いい感じに先の丸まった鉛筆使って、慣れれば鉛筆の動き1往復でマークできます。

TOEICは問題数が多いので、これだけでもだいぶ時間節約できますよ。

・受検会場に向かう道のりでは英語を聞いておく

頭を英語モードにしておくということです。

いざ試験が始まって英文を聞いても、その日朝からずっと日本語モードだった場合

「えーーと・・・」

と英文の理解に時間がかかってしまいます。

TOEICの問題集についてくる音源で大丈夫です。聞いておきましょう。

 

同じ理由で、試験前の待ち時間に英文を読んでおくのもよいですよ。

今さら単語を覚えようとするより効率的です。

意識して英語脳にしておくことが重要だね。


 

TOEIC直前対策リスニング

・アナウンスの間は問題先読み

何回も受検している人は知っているとは思いますが、各パートの初めに流れるアナウンスは毎回同じです。

聞かなくていいので設問の先読みなどに使いましょう。

初受検の人はテストの流れを確認しておいて、本番ではアナウンスを聞かなくてもいいようにしておきましょう。

・わからなかったら捨てる勇気

考えるのは次の問題が流れ出すまで。次が始まったらキッパリ諦めましょう。

諦めるとは言ってもどれかにマークはしてくださいね!カンでいいから!

・文頭に集中する

PART2では特に、ですがそこ以外でもリスニングは全体的に文頭を意識!しましょう。

文頭3単語くらいでめちゃ重要なこと言ってます。

例えば

When can you give me the schedule?

いつスケジュールをくれるの?

Where can you give me the schedule?

どこでスケジュールをくれるの?

 

文頭が違うだけなのに答え方は全く別になります。

いわゆる5W1H(who, what, when, where, why, how)は絶対聞き逃さない!

とにかく文の最初!重要な情報を聞き逃さないで!


TOEIC直前対策リーディング

・わからなかったら飛ばして後から戻ってきてやろうはダメ

リーディングは時間勝負です。後から戻ってもう1度解く時間はないと考えておきましょう。

それに、空所補充問題にしても長文読解問題にしても、1回目に集中して読んだ時が1番理解しているはずです。

・空欄補充問題の前後だけ読むのは時間ロス

空欄補充問題の場合、前後だけ読んで正解を選ぶ人もいます。一見時間短縮ですね。

でも全体の流れを結局確認せなわからんやん!ていう問題もそこそこあります。

1回目に空欄の前後だけ読んで、また初めから読むのは時間のロスになりますよね。

「空欄の前後だけ読んで正解がわかる、時もある」くらいに思っておきましょう。

基本は全部読む!

 

TOEIC直前対策まとめ

私が最後にTOEICを受検したのは2年前です。

その時のスコアは950でした。

いつか満点取りたいなとぼんやり思ってはいますが、受検予定は今のところナシです。

 

TOEICはその時の実力をまあまあしっかり反映してくれる試験です。

自分の今の力を試すために定期的に受けてみましょう。

で、日々の積み重ねはもちろんですが、前日になって「なんかせねば!」と焦るみなさん。

大丈夫です。日々のコツコツは裏切りません。

ただちょっとしたコツや心構えでスコア微増もあるので、是非参考にしてくださいね。

ありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました