シドニィシェルダンおすすめ3選!洋書初心者でも読みやすい英語小説

リーディング

こんにちは。りょうです。

今回は英語がとても読みやすく、さらに内容がスリリングで何回読んでも飽きないミステリー作家、シドニィシェルダンの作品紹介です。

全作品とは言えませんが、手に入る作品はほとんど読んだ私が選ぶおすすめ3選です。

気になる作品があったら、トライしてみて下さい。

 

シドニィシェルダン

1917年にアメリカに生まれ、2007年に亡くなったシドニィシェルダンは、ギネスに載るほどたくさんのベストセラー作品を残しました。

50歳を過ぎてから小説を書きはじめたというシドニィシェルダンのミステリー小説は、日本でも1991年頃をピークに大ブームとなり、たびたびテレビドラマ化されています。

この現象を「シドニィシェルダン現象」と呼び、ワイドショーでも特集が組まれていたほど。

日本中がシドニィシェルダン作品に夢中になっていた時期があったなんてすごいですね!

英語学習に最高シドニィシェルダン

シドニィシェルダンの著書にはとにかくおもしろい作品がそろっているので、洋書であってもなんとか理解しようとするためか英語を読む量・理解度爆上がり→読解力向上という、英語学習には最高なスパイラルのできあがりです。

といいますか、そもそもシドニィシェルダンの作品に使われてる英語は非常に読みやすいです。

むずかしい英単語はあまり使われておらず、英文法なども単純。

過去形が多く使われているのが特徴でしょうか。

簡単な英語をたくさん読むことで英語力が向上することは絶対に間違いありません。

資格試験などでリーディングが苦手な人は、長文読解などの読み方を勉強するより、まずは大量に英語を読んで英語に触れることをおすすめします。

 

内容が最高シドニィシェルダン

シドニィシェルダンの作品は、グイグイ引きつけられてあっという間に読了してしまうという、すごい小説ばかりです。

テンポもよく、つい「あと少しだけ・・・」と読む手が止まらなくなってしまうことがしょっちゅうありました。

小説にありがち?な「思ってた通りの展開」や「いつものパターン」というのは一切なく「えっっそうくる!?」っていう流れが多くて、本当に読ませるのがうまい作家さんです。

a device to keep the reader turning pages
(読み出すと止まらなくなる工夫)

との評価からも、とてもハラハラさせる内容であることがわかりますね!

 

シドニィシェルダンおすすめ3選

The Other Side of Midnight

二人は結婚の約束を交わしますが、ラリーはその約束を果たさずキャサリンという女性と結婚する。
 
ラリーに裏切られたノエルは人生をかけて彼に復讐をすると誓います。
 
愛と憎しみが交錯する、ドキドキハラハラの展開。
 
ノエルの執念やラリーのクズっぷり、キャサリンの無垢さ。
そして最終的に幸せになるのは誰なのか?
 
関わった人達の運命が、二人によって振り回されて最後のシーンまで退屈しません。

The Sands of Time

Master of the Game

 
貧乏な家庭に生まれたジェミーが、一獲千金を狙ってダイヤモンドを探しに行くところから物語は始まります。
 
そこからはとにかくジェットコースターのように話が進んで、めっちゃ長い話なのに飽きることなく一気に読んでしまうほど。
 
四世代にわたるスケールで、作中での経過時間がとにかく長く、読み終わるころにはジェミーがダイヤモンドを探してたのなんて遠い昔のことのように感じます。
 
もちろんすべてはつながっていて、いろんな伏線が張られていたりするんですけどね。
 
読了後は、ちょっとした旅に行ってきた気分になれます。
私はこの気分に浸るのが大好きです。
 

シドニィシェルダンまとめ

シドニィシェルダンおすすめ3選でした。

いかがでしたでしょうか。

洋書なんてとても無理!と思っても案外読めちゃうもんです。

とりあえず一冊手にしてみてはどうでしょうか。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました