英語力向上にライティングの勉強は必要か?効果的か?挫折からの結論

ライティング

こんにちわ。エリです。

季節の変わり目ですね。うちの家族は体調崩しがちです。

さてさてみなさん、英語ライティングの勉強って難しくないですか。資格のためになら決まった型があるから対策立てやすいけど、勉強となると。

4技能という言葉から、すべての力を均等に向上させないといけないんじゃないかという縛りがある人もいてるのでは。

私は、英語ができるようになりたい!話せるようになりたい!と頑張る人に、ライティングの勉強はあえて必要ないと考えています。

もちろん、ライティング力そのものを伸ばしたい人(仕事で英語メールを書くとか)は別ですけどね。

 

そもそもこのように考えるまでに、私もライティング強化のために時間かけました。

あれこれ試してみてその上での結論です。

では、そんな私がやったことを紹介します。効果的でオススメってわけじゃなくて挫折していることなので、反面教師にしてください。

 

英語力向上にライティングで頑張ったこと

英語表現の書きため

さてライティング向上のためにあれこれ頑張ってきたことを挙げてみます。

まずは英語表現の書きため。

英語のドラマを見て、知らない表現をとにかく書きためました。

知っている単語だけ使っているのに、全然知らない言い回しになったりと、とても勉強になります!

ただ、まったく見返しませんでした。一回ノートに書いて満足しておしまい。よくある「勉強した気になって終わり」というやつですね。

定期的に見返して覚えて、使ってみて・・というサイクルを確立できれば、すごく効果的ではあります。

英語で日記

これもよくあるやつですね。オススメしている人も多いです。

私も挑戦しました。毎日紙に書くのは面倒だから、ツイッターで書いてみたりもしました。

結果、全然続きませんでした。

日本語での日記も続かないのに、英語でなんてハードル高すぎた。

そして毎日毎日同じ表現しか使わなくなる。

I think~とかI had lunchとかさ。表現の幅が全然広がらない!

ライティング向上になる気がしなかった。なので挫折です。

誰かのチェックがないライティングは危険!


間違いを誰も指摘してくれないものね。。

英文法

ライティングのためには文法。高校文法の勉強もしました。

これはただつまらなくてやめました。

説明文読んでふーーんってなって、問題を解いてとしばらく続けましたが、飽きました。

ライティングのためには中学レベルの文法力があれば十分です。高校で新出する文法なんて、いくらでも簡単な英語に言い換えられるものばかりです。

 

ただ最低限の文法も怪しいと、ライティング向上は難しいです。

中学文法から確認したい人は、こちらをどうぞ。

基本的なことからわかりやすくまとまっています。うちの子にも使っています。

残念なのは、練習問題が少ないところですね。そこは自分で補強しましょう。

 

英語力向上にライティングの勉強は必要か?まとめ

ライティング=書く、という作業は、日々のディクテーションのトレーニング(聞いた英語をそのまま書き取るやつ)だけで十分です。

無理に「ライティングしなきゃ!」と思ってしまうと、ストレスになり逆効果です。

 

実際に私は「ライティング!英語で日記!→挫折、やっぱりライティング!ツイッターで日記!→挫折」のサイクルを数回繰返しました。

必要ないものを手放す勇気も、時には大切です。

 

そもそもライティングを上達させたいという動機が、他の能力に比べると低い場合が多いです。

字幕なしで映画を観たい!→リスニング勉強だ!

外国人と話をしてかっこいいと思われたい!→スピーキング勉強だ!

洋書を読みたい!ネット上の英文記事を読みたい!→リーディング勉強だ!

ライティング?

ね、これといった動機が見つけにくい。

英語で論文書くとか仕事で必要とか、明確な目標があればいいですが。こう考えるのは、私だけじゃないはず!

 

動機が弱いと、続きませんよね。

 

それよりスピーキング、リーディング、リスニングを意識しましょう。話すことができれば、それを書くだけでライティングになるわけだし。

 

以上、結論は「ライティングは無理にしなくてもいいよ」でした。

ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました