英語の勉強初心者に向けて心構えと効果的な勉強の順番を紹介します

英語勉強法

こんにちは。りょうです。

英語の勉強を始めようと思っても、勉強することがありすぎて何から始めたらいいのかよくわからない初心者の人。

過去に同じような悩みをもって、様々な勉強を試した経験から英語の勉強の順番についてのアドバイスをどうぞ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

英語勉強の順番の前に初心者の心構え

まず英語の勉強に限らずですが何かを習得するにあたっての心構えです。

  1. 最適解は自分が見つける
  2. 誰かに教わるからではなく自分で勉強するからできるようになる
  3. やったつもりが一番危険
  4. 勉強よりトレーニング・習慣が勝つ

ではそれぞれ解説。

最適解は自分が見つける

初めから言ってしまうと、個人によってやりやすい勉強法は様々です。

りょう
りょう
私は現在、教員としてたくさんの生徒に英語を教えていますが、英単語ひとつとっても書いて覚える子・見るだけで覚える子・呪文のように唱える子、といろいろいます

これが例えば「書いて覚える子の成績が一番いいので英単語は全員書いて覚えましょう」と言えたら楽なんですけどね、そうはいきません。

ひとりひとり違った方法で、また結果も関連性がなくバラバラ。

なので個人で自分の英語勉強法の最適解を見つけていくしかありません。

この記事も「私が初心者に戻ったらこのやり方で英語を勉強するだろう」というスタンスで書いていますので、合わないと思った人は切り捨てましょう。

誰かに教わるからではなく自分で勉強するからできるようになる

英語に限らず、授業を受けても参考書を読んでも、結局勉強をして身に付けるのは自分です。

授業や参考書には、英語勉強法に対する答えは載っていません。答えはいつも自分の中です。

りょう
りょう
なんかすごいかっこいいセリフだ!

やったつもりが一番危険

授業を聞いてわかった気になって、参考書を読んでできたつもりになってしまう状態が一番危険。なぜなら一応勉強に時間を割いているので、すごく「今日は勉強した!」と勘違いしてしまうんですよね。

この時間泥棒な勉強法、代表的なものに

  • 英単語を辞書で調べてノートに書き写す
  • 勉強した参考書のページをポストイットでしるししておく

などがあります。

主夫
主夫
受験生の時やってた記憶アリ。「当たり前」だと思ってる行動も疑ってみることが大事だね

勉強よりトレーニング・習慣が勝つ

英語をマスターしたいなら「よし、今から1時間英語の勉強するぞ!」みたいに意気込んで始めるようでは伸びません。

最終的には日々の習慣にしてしまうことが必須です。

意気込まなくてもやる気がなくても習慣だから毎日英語に触れている。

そんな状態が理想です。初心者のうちは難しいですが。

英語学習には欠かせない!習慣の力を味方につける方法は
英語学習を継続させるために必要なのは、強い意志でもなければやる気でもありません。習慣付けること、これだけです。一度習慣付いてしまえば、あとは「努力」とか「根性」とか無縁。ただ日々過ごせばそれだけで英語の力がついてくる。そんな習慣の力をご紹介。

 

初心者におすすめの英語勉強の順番

以上をふまえて、英語初心者におすすめの勉強の順番です。英語初心者はまず、インプットを中心に積み上げていきましょう。

STEP1 英単語

英語の単語を覚えることは、何より優先してやるべきことです。英語の単語さえわかっていれば、長文だってなんとなく内容はつかめます。

Memorizing English words should be always the first priority when you learn English.

(英単語が最優先)

いつも生徒に言っています。

英単語学習は書いて覚える必要なし!その5つの理由を紹介します
英語学習の基本の一つに英単語の暗記がありますよね。いろいろな暗記方法がありますがこれだけは言えます。英単語をいきなり書いて覚える必要はないし、むしろ効率が悪くて時間の無駄です。では、英単語を書いて覚える必要のない理由5つをご紹介します。
主夫
主夫
野球に例えると、英単語は基本の体作りやバットの持ち方など。それすら身に付けてないのに野球やりたいってどーゆーこと?!みたいな

STEP2 英文法

英単語がある程度覚えられたら、続いて英文法です。

英文法は英語を話すときのルールです。ルールを無視してただ英単語を並べても会話は成り立ちません。

ルールを無視してゲームが成り立たないのと同じです。

英単語や英文法を暗記する時のコツ!脳を上手く利用して効率アップ
英単語や英文法を暗記することに膨大な時間を費やしてきた私たち。ちょっとしたコツを知ることでその負担が少しだけ軽くなります。そこで有名な記憶に関する実験や脳の働きを検証して、またそれらをを上手く利用して効率良く暗記する方法を紹介します。
主夫
主夫
またまた野球に例えると、英文法は野球というスポーツのルールだね!基礎的な技術(英単語)が完ぺきでも、このルール(英文法)を知らないと試合の場にすら立てません

STEP3 リスニング

英単語・英文法の次はリスニングです。

基礎をしっかりと身に付けた段階で、どんどん英語をインプットして頭の中に英語のストックを増やしましょう。

リスニングは、聞いてるその瞬間は実感なくても、ちゃんと頭に蓄積されていることが後になってわかります。

効果を焦らず、続けてみてください。

そしてリスニングもただ聞き流せばいいわけじゃなく、効率よく聞くことで効果アップです。

英語のリスニング勉強法の決定版!これさえやっておけば勝手に上達します
英語のリスニング力を最速で向上させるためには近道はありません。地味なトレーニングを続けること、これだけです。中でも効果が高いディクテーションとシャドーイングの方法をご紹介。いつでも低コストで始められるのでぜひお試しください!
主夫
主夫
みたび野球に例えます。基礎が固まったら、どんどん実践練習や試合を積んでいくことで実力になるよね。そしてその間も基礎の積み上げは忘れずに

 

初心者におすすめの英語勉強の順番まとめ

大学の時の友達のセリフです。

「英語って文法とかアレコレ手を出すより、毎日聞き流してるだけのほうが身に付く気がする」

当時は「そうかもな~」くらいに考えていましたが、今ならわかります、そんなことないと。

なーにも考えず聞いてるだけで英語が上達するのは赤ちゃん限定です。

大人学習者は、良くも悪くも脳が成長済みなので、それに合わせてちゃんとした順番で効率よく英語を学びましょう。

そして、初心者を卒業するころには英語に対する違った視点を持っているはずです。その時には中級者に合った勉強法を試してみてください。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語勉強法
スポンサーリンク
りょうをフォローする
英語初心者主婦が独学で英語を仕事にするまで

コメント

タイトルとURLをコピーしました