英検対策は旺文社一択の理由は?続編小学生の英検対策に旺文社の参考書

英検

こんにちは。エリです。

少し前に英検対策には旺文社の参考書一択の記事を書きました。

せっかくなので、その参考書を使って私の英語教室の4年生クラスが5級を取得した際の使い方をご紹介します。

5級に関しては自宅で独学でも取得は十分可能。というか、独学の方が取得しやすいです。

英語教室だとどうしても指導が週1程度なので、家庭学習に頼ることになりますが、なかなかそこまで管理できません。

独学組は親が管理してる場合が多いので、毎日学習の習慣が付けやすいです。

子どもに英検を受けさせたいけどどうやって対策したらいいのか!と迷っている方、一度参考に読んでみてください。

 

英語教室の生徒たちの英検受検と欧文社のテキスト

私の英語教室では小学4年生で英検5級取得を目指しています。

使う参考書は2つで充分。

PASS単5級

言わずと知れた単語帳。アレコレ手をつけなくてもこれさえやっておけば単語はOK。

さてさてところでどんな優秀な参考書でも、子どもが使いにくかったらやる気につなげられませんよね。

特に相手が小学生の場合。少し工夫することでやりやすくなったりするのでちょっとご紹介します。

 

子どもにとって単語帳は、手に持って開くまでにハードルがひとつあるようです。

そこでエクセルで単語の表一覧を作ってプリントアウト、そのへんに置いといていつでも見れるようにしておきました。

手に取らなくても単語が見えてる状態であることがポイントです。

 

作業量多いのですでに覚えてるやつは省いて作成。

それでもまあまあ大変でしたが、毎年使えるので英語教室やってる方はぜひどうぞ。

 

 

小学生のための英検5級ドリル

文の仕組みを学ぶのに最適な一冊。

必要な項目は全てこれ一冊で学べるので、あとは繰り返し演習させるようにもってく工夫ですね。

今まで英語教室などに通ったことのない場合はリスニングに慣れていないので、付属のCDを何回も聞かせましょう。

1回サラっと終わらせただけでは身についていないので、飽きさせないように何度もやらせましょう。

 

いろんな参考書に手を付けるより同じものを身に付くまで繰り返そう!


 

以上2冊をある程度終わらせてから、7日間完成テキストや過去問を解いてみましょう。

7日間完成テキスト

過去問

これですね!

内容を見た感じだと、この「7日間完成シリーズ」は本番より少しだけ難しめに作られているようです。

実際今回3級受検した子も「使ってたテキストより簡単やったで!」と言っていました。

 

さて基本的に他の級では「まず過去問を解いてから対策!」というふうに言っていますが、初めて5級を受けようという小学生の場合、単語を覚えておかないと過去問が読めません。

いきなり過去問を解かせても時間の無駄です。意味不明な暗号を前にボーーっとするだけです(経験済み)。

そしてこの7日間完成や過去問も、繰り返し解かせて定着させましょう。

 

英語教室の生徒たちの英検受検と欧文社まとめ

小学生を受検させる際の大変なポイントは、どうやってその気にさせるかです。

やる気にさえなれば勝手に伸びていくし、単語も覚えます。

英語だけじゃなく、何でもそうですよね。

やる気にさせるために私の教室でよくやるのが

  • ご褒美作戦(これ覚えたら週末遊園地!)
  • 競わせ作戦(同じクラスのあいつに勝て!)←要テクニック
  • 褒め褒め作戦(中学生の問題解けるなんてマジすごい!)

このあたりですかね。

小学生のはこういった王道のバレバレ作戦で簡単にモチベーション上がるので、試してみてください!

 

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました