英語をマスターするためには留学経験がないと難しいと思っている人へ

コラム

こんにちは。エリです。

英語学習を続けているとぶち当たる壁の一つに

「頑張って勉強しても留学経験がある人にはかなわないのでは?」

というのがあります。

初めのうちはそのように思ってしまうのも無理ありません。

 

国内でいくら勉強しても、数年英語圏で生活した経験のある人は、自分なんてとても及ばないくらい英語力が高いに違いない。

 

こんな思い込みの壁を自分で作っている人をたくさん見てきました。

 

断言しますが、留学経験がなくても英語力はつけられるし、英語を使って仕事をすることもできます。

英語圏滞在トータル15日ほど(周り日本人だらけの環境なので英語ほぼ使わず)でも英語を使って一家6人養ってる、プラス毎年語学留学に行く学生を大量にお世話している私が断言するので間違いないです。

ではその理由と留学にまつわる話などをどうぞ。

 

留学経験がなくても英語力はつけられる理由

留学しなくても本人の意識とやり方次第で英語力はつけることができます。

今はいくらでも英語の番組を見ることができるし、ネット上ではあらゆる英語教材が揃ってるし、オンライン英会話もあって話す機会には困りません。

これだけ環境が整ってるのに「留学しないと英語はできない!」と考えるのは、ただの甘えです。

ではそれぞれの技能別に検証します。

やっぱり最後は「自分でどれだけできるか」だね。
「留学すれば勝手に英語力が伸びる」なんて人任せな考えはよくない。自分の人生なんだから。

リスニング

リスニング力はスピーキング力と並んで、留学で得られることが最も期待される技能です。

周りの環境が英語だらけなので、リスニング力は勝手に向上するんじゃないかと思いますよね。

でも、なにを言ってるのかわからない英語をいくら聞いてもリスニング力は向上しません。

そして、こちらが理解してないと感じると相手はゆっくりわかりやすく話してくれます。

それでやっと「聞き取れた!」と喜んだところで、自分の力はアップしません。

それなら国内で、ナチュラルスピードの英語をスクリプト付きで聞いてシャドーイングを繰り返すほうがよっぽど効率的で成長できます。

英語のリスニング力向上に欠かせないディクテーションの詳しいやり方
英語のリスニング力を向上させたい!そんな人に向けての記事です。英語はやみくもに聞き流すだけでは効果はあまり期待できません。細部まで徹底的に聞きつくすディクテーションの詳しいやり方を身に付けてリスニング力を向上させましょう!

リーディング

留学先で学校に行く人は、リーディングの機会が多いかもしれないですね。課題やテストがあるので。

この場合、確かに留学先ではリーディングの量が増えるので英語を読む力は向上するかもしれません。

でも待って。

それって国内でもできますよ。

ただ国内でのリーディングの量が圧倒的に少ないだけです。

 

「周りに無理やりやらされることで読まないと仕方なくなる、なので留学でリーディング力は向上する」という人は、止めませんけど。

やれと言われないとできない人はそもそも英語好きじゃないのでは?続かないからやめたら?とも思います。

 

ライティング

英語を書く力。これも現地の学校の課題でガンガン出てくるやつです。そもそもなんですけど、ライティング力ってあえて勉強するほど必要な能力なんですかね。

英検レベルのライティングの型ができれば十分な気もしていますが。

プラス単語を知っていて、あと文法正しく話すことができれば書けるわけだから、そちらの能力向上を目指しましょう。

少し話はそれましたが、ライティングに必要な文法は日本語で学習したほうがだいぶ効率いいですよ。英単語と一緒。

英検のすべての級のライティング(英作文)に言えることと対策
学生を中心に毎年多くの人が受験する英検。そこで今回は英検の中でも対策がしやすく点が取りやすいライティング(英作文)についてです。3級からライティングがありますが、基本的な考え方はすべての級で共通です。ぜひマスターして英作文を得意分野にしましょう。

スピーキング

このスピーキング力は、海外留学することで伸びるという人が他の能力に比べて多いです。

これは日本にいる限り、「英語を話す」ということになかなか慣れないからです。

学校でも社会に出ても、英語を「話す」という機会は少ないです。

なので留学に行くと英語を話さないといけないのでどんどん慣れるわけですね。

 

ポイントは、英語の知識量や能力が向上するというわけではなくて「慣れる」という点です。

となると国内でも、100%は無理でもオンライン英会話などで英語を話す環境を作ることはいくらでもできます。しかも留学よりだいぶお安く。

英語のスピーキング力上達のためにアウトプットの方法7選・仕事第一弾
英語のスピーキング力を上達させたい!そのためには会話をする場=アウトプットの機会が必要です。この記事ではそのアウトプットの場にどういった選択肢があるのか、それぞれの効果や特徴を検証します。第一弾は先生を相手にアウトプットする方法です。
英語のスピーキング力上達のためにアウトプットの方法7選・第二弾
英語のスピーキング力を上達させたい!そのためには会話をする場=アウトプットの機会が必要です。この記事ではそのアウトプットの場にどういった選択肢があるのか、それぞれの効果や特徴を検証します。第二弾は自分一人でアウトプットする方法メインです。

英単語

留学しても英単語量に関してはそんなに増えない印象です。自分で単語帳持って行って毎日覚える努力をしている人じゃないと。

そもそも英単語は、一度日本語で意味を理解して覚えていくのが手っ取り早いです。

いくら英語学習をしても私たちの母国語は日本語。

それを排除するんじゃなくて、最大限利用すべきです。

 

 

留学のメリット・デメリット

さてここまで留学は英語力向上に必要ないんじゃないか説を書いてきましたが、英語力以外で留学のメリットを考えてみます。

  • 海外の生活が体験できる
  • 視野が広がる
  • 国内より英語を勉強する強制力がある
  • 自分の意見を言えるようになるかも
  • 就活に有利な場合アリ

こんな感じでしょうか。特に、日本を一度外から見てみて、自分の視野を広げることは若い人たちにとっては意味があると思います。

では、デメリットです。

  • お金がかかる
  • 留学した経験はマイナスになることもある

留学経験がある人は、ずっと「だから英語が出来るのね」と言われます。

留学先でも努力しないと英語はできるようにはならないにも関わらず、留学した人だから英語ペラペラ当然、という目で見られます。

さらには大して努力せず留学先で遊びまくった人はどうでしょう。

留学したのに英語が出来ない、とマイナス評価になってしまいます。せっかく留学したのに。

なのでこれから留学する人は、ちょっとその辺考えてみてくださいね。

 

留学経験アリで英検1級取得と

留学経験ナシで英検1級取得だと、与える印象が違いますよね。

 

留学経験なしで英語を独学でマスターまとめ

私は留学したことはありません。なので、留学した人に言わせたら「留学中には日本では得られないものがもっと他にたくさんある!」とか「すべての学生が留学するべき!」などいろいろ意見があることでしょう。

ただ英語習得のみを目的とした留学であれば、やっぱり私は「いらんのちゃう?」って答えます。

英語力のほか「国際感覚を養う」「客観的に日本を見てみる」といった目的であれば、それなりに意義もあります。その場合はその目的を強く意識して留学期間を過ごしましょう。

さてもし私の子どもが在学中に「留学したい」と言い出したら。

迷わず行かせます。

日本で進学していい会社入ってっていう生き方の他に、いろんな可能性や道があることを知ってほしいので。

ただ出国前に英語力をつけさせますけどね。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました