英語の基礎体力を付けるために1日のうちで優先すべき順に3つ

英語勉強法

こんにちは。エリです。

毎日英語を勉強しているみなさん。お疲れ様です!

日々時間のない中で英語勉強を続けていて、できれば余計なところで時間は使いたくないのに勉強方法たくさんありすぎて迷ってしまう。

いろんな勉強法があっていろんな力を伸ばしたくて

アレコレ手を手けてみるも挫折。

そんな経験ありませんか。私はずっとそんなこと繰り返していました。

迷っては選択を迫られ、やってみては続かなくて。

それで最終的に

「これを続けておけば英語力が落ちることはないだろ」

っていう、基礎的な英語の体力を維持する方法に落ち着きました。

今は、この基礎体力トレーニング+状況に応じて勉強(資格試験のためとか)ってスタイルです。

ではその基礎体力を維持するトレーニングとは?

1日の中で特にやるべき優先順位が高い順にご紹介します。

 

英語の基礎体力を付けるために:早起き

いきなり英語ではなく習慣の話です。早起き!

これは習慣付けることでホンマ人生が変わります。

英語の勉強を効率的にするために何度でも言う早起きの絶大なパワー
早起きの習慣の絶大なパワーについて書いています。私の英語学習において最も重要な習慣です。勉強法をアレコレ考えるよりまず早起きをしてみましょう。朝のクリアな脳でこなすタスクは想像以上に効率的で、短時間で終わらせることができます。

早く起きて、脳がフレッシュなうちになにをするかが大切!

このゴールデンタイムをダラダラと過ごしてしまうのは本当にもったいない。

ぎりぎりに起きて、すぐに家事雑務に追われるのももったいない。

スマホのチェックで終わるのももったいない。

私はいくつかの「朝の習慣」を実践していますが、こちらが参考にした本です。

 

英語で読みましたが、2017年に翻訳版が出たそうです。

筆者が世界中の成功者たちの習慣を調べまくって生み出した、朝のポジティブな習慣のお話。

この本にはとても影響されました!

 

例えば瞑想。

難しく聞こえますが、自分と向き合うことだと考えましょう。

自分の内面と向き合ってポジティブなイメージで満たす。

短い時間でもいいんです。私もほんの数分です。

起きてすぐ周りの情報(新聞やスマホなど)を取り入れてる人は一度実践してみてください。

結構その日に対する姿勢が変わります。自分の受け取り方が変わります。

人生も変わります!

 

他にも真似したい習慣がいくつか紹介されています。

どれもとっても簡単で取り入れやすいので、ぜひ実践してみて!

 

さて私の「朝の習慣」の一部、英語学習の話に戻りますね。

まず起きたての新鮮な脳の状態で英語を聞きます。

朝は雑念がないので、研ぎ澄まされた神経で英語に集中できますよ。

目こすりながらも聞いています。

そして朝一で口から出す言葉も英語です。

この朝の時間を英語で満たすことで、その日は英語が口から出やすくなるし、英語脳で過ごせること間違いなし!

早起きって誰でもできるけど実践してる人は少ないイメージだね
習慣にできたら成功者の仲間入りかも・・

 

英語の基礎体力を付けるために:シャドーイング

早起きのところでも書きましたが、朝一で英語を聞きます。

その方法がシャドーイング。

内容を理解している英文を聞き、その音声に続いてマネして言ってみるトレーニングです。

登場人物になりきって、そっくりそのまま言ってみましょう。

どういったことを話しているのかもしっかり意識してくださいね。

最速で英語のリスニング力を向上させる勉強法の決定版
英語のリスニング力を最速で向上させるためには近道はありません。地味なトレーニングを続けること、これだけです。中でも効果が高いディクテーションとシャドーイングの方法をご紹介。いつでも低コストで始められるのでぜひお試しください!

 

私はディクテーション(英語の音声を書きとるトレーニング)も必ずやっていますが、まずはシャドーイングから慣らしていくのがいいでしょう。

英語のリスニング力向上に欠かせないディクテーションの詳しいやり方
英語のリスニング力を向上させたい!そんな人に向けての記事です。英語はやみくもに聞き流すだけでは効果はあまり期待できません。細部まで徹底的に聞きつくすディクテーションの詳しいやり方を身に付けてリスニング力を向上させましょう!

 

あまり初めから詰め込みすぎて、嫌になったら本末転倒ですしね。

 

特に朝やる必要はありませんが(オススメは朝ですけどね)、とにかく習慣にしてしまいましょう。

余裕があれば、英語のスピーチなど聞いてみるのも良いです!

1時間くらいはトレーニングするのが理想です。

 

英語の基礎体力を付けるために:洋書

みなさんは1日にどれくらい英文を読んでいるでしょうか。

特に意識したことはないでしょうか。

 

昔読んだ本に

「英語で食べていきたいなら1日最低でも60ページは読みなさい」

ってありました。

いきなりは無理でも、少しずつ習慣に取り入れてみましょう。

 

隙間時間や待ち時間や電車の時間。

結構読めるもんです。

 

洋書を読む=英語を読むのも結局慣れ。量です。

毎日どれだけ読めるか、それを継続できているか。

それが英語の基礎体力を付けて、さらにキープすることにつながります。

耳からも目からも、英語で情報を入れることを日常的にやりましょう。

英語リーディング強化したい人へ 精読と多読トレーニングが効果的
英語を話せるだけじゃなく、スラスラ読めるようになりたい人へ。ただ洋書を開いて文字を追うだけでなく、なににポイントを置いて読めばいいのかを意識するだけで、効果が全然違います。せっかくなので、楽しみながらも効果的に英語力を向上できる読み方にしましょう。

 

英語の基礎体力を付けるために:まとめ

英語の基礎体力をつけるためには、毎日大量に英語に触れることがとても大切です。

そしてそのためには、触れるトレーニングを習慣化させてしまうことです。

朝、顔を洗わないと1日気持ち悪いですよね。

同じように

 

「今日英語に触れてない!なんか気持ち悪い!」

と思えるほどに習慣化出来たら、もう成功です!

基礎体力が付けば風邪をひいてもすぐ治るように、英語の基礎体力が付けば、なんかの理由で英語のトレーニングができない期間ができてしまってもそんな深刻に英語力は落ちません。(実体験済み)

あとはそれぞれの目標に応じてトレーニングを追加しましょう。

瞬間英作文、オンライン英会話、資格の勉強などなど。

特に資格試験は、時間が取れそうなときに集中して仕上げてしまうのが理想です。

 

以上、英語の基礎体力を付けるために1日のうちで優先すべき順に3つのご紹介でした。

ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました