英語で仕事をしながら英語の勉強もしたい人に能力別おすすめの仕事

英語の仕事

こんにちは。りょうです。

英語を使う仕事をゲットすれば、お金をもらいながら英語の勉強ができるし一石二鳥!

そう考える人も多いのでは。私もそうでした。

ではその勉強したい能力別にお仕事のおすすめを紹介します。

  • リーディング力→翻訳
  • 文法力→英語教員
  • スピーキング力→通訳ガイド
  • リスニング力→通訳

をおすすめします。英語を使ったあらゆる仕事を経験してきた私が言うので間違いなし。

ではその理由です。

英語で仕事をしたい!どんな仕事があって英語力以外どんな力が必要?
英語を使って仕事をしてみたい!ある程度自分の英語力に自信がついてきたら、そう思う人も多いかと思います。しかし実際仕事をしてみると、英語力以外の要素を求められていることに気付きます。そこで、どんな要素が必要なのか仕事別に検証。仕事選びの参考にどうぞ!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事をしながら英語の勉強

まず、上記おすすめの仕事をみてください。

通訳・翻訳・通訳ガイド・英語教員

と、わりとガチな?仕事が並んでいますね。

一方で英語初心者が始めやすい英語を使う仕事には他にも

  • 英文事務
  • 子ども英会話講師

なんかがあります。「英語を使える仕事!」というふうに求人広告でもよく見かけます。

ただし英文事務は

  1. 結局ほとんど日本語(の場合が多い)
  2. 決まった英語を覚るだけでOK

子ども英会話講師は

  1. 話す英語がいつも一緒
  2. 間違っても訂正してくれない

こんな理由から、あまり自分の英語力向上にはつながらないです。

とくに英文事務は(会社によるのかもしれませんが)8割は日本語です。

空港の接客がメインの仕事であっても、決まりきった英語のセリフだけ覚えてあとの事務作業は日本語だったり。

英語に慣れる、という意味ではよいかもしれません。

英語を使って仕事をしたい!英文事務として空港で働いた話とアドバイス
英語を使って仕事をしたいと思っている方、比較的ハードルが低くて求人も探しやすい英文事務を考えたことはありますか。仕事内容は多岐にわたりますが、今回は接客付きの英文事務として空港で働いた話と、働くために必要なアドバイスをまとめました。
子ども英会話講師の仕事内容を詳しく解説!レッスン以外にもいろいろ
子ども英会話講師の仕事内容で1番に思い浮かぶのはレッスンをすることですね。もちろんそれがメインの仕事であることに間違いありませんが、それ以外にもいろいろとやることは盛りだくさんです。どんな仕事があるのか?をこの記事で説明していますので、子ども英会話講師に興味がある人読んで下さいね。

 

仕事をしながら英語の勉強:リーディング力→翻訳

英語のリーディング力を伸ばしたい!

そんなあなたには翻訳がおすすめ。

リーディングなら毎日洋書を読んでるから大丈夫、と思っていても、翻訳に比べると想像以上に「ざっくり」読んでいることに気づくはずです。

翻訳のお仕事は、文面だけでなく背景知識やその分野のルールなど、めちゃくちゃ細かくしっかり読まないといけません。

「ここの前置詞に to を使うのにはどんな意味が隠されているのか?」

と、そんなことにまで1日中頭抱えて悩むのが翻訳です。

なめつくすように(?)文章読むので、リーディング力が向上します。

在宅翻訳でお仕事がしたい主婦さん必見!在宅翻訳の仕事の理想と現実
英語を使って家でお仕事ができるって、素敵じゃないですか。子どもがいればなおさら、在宅は魅力ですよね。そこで今回は、実際短期間ですが在宅で翻訳の仕事をさせてもらったときのことを書きます。メリットやデメリットをしっかり理解したうえで挑戦しましょう。

 

仕事をしながら英語の勉強:文法力→英語教員

英語のなかでも独学ではなんとなく手を付けない文法。(私だけかも)

その文法力を伸ばしたければ、英語教員がおすすめです。

やろうと思えば学者並みに、毎日英文法を研究できますよ。

またまわりの教員ももちろん英文法が得意だし、そもそも教員って人に教えたがる人種なので、聞いたら喜んで教えてくれます。

どんどん聞きましょう。

私は英文法に苦手意識がありまして、今教員として日々英文法を勉強できていることはとてもありがたいです。

英語を使った仕事といえば!高校英語教員の仕事の流れを紹介します 
英語を使った仕事でまず思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。高校の英語科教員。挑戦して見たくても実際「教員どんなもん?」ってわからないと不安ですよね。そこで実際やっていることやお給料なども書いてみます。読んでみてください。

 

仕事をしながら英語の勉強:スピーキング力→通訳ガイド

スピーキング力なら通訳ガイドです。

相手がいて、顔色をうかがいながら話をして、と普通のコミュニケーションを取れるのが通訳ガイドだからです。

会議通訳なんかはこちら(通訳者)が一方的に話して終わるので「コミュニケーション」とは言えませんね。

その点通訳ガイドは、沈黙が続かないようにタイミングを見て話しかけたり、常に話題をストックしておくなど自分発信の英語力が求められます。

いろいろな気配りを求められる通訳ガイド。やりがいは抜群です。

英語通訳ガイドになりたい人へ理想と現実と仕事内容を紹介
英語通訳ガイドの需要が高まっています。受検者も増えてきているようですね!そこで今通訳ガイドに憧れてる方。資格取得を目指している方。資格を持ってるけど、不安で仕事への第一歩が踏み出せない方。英語通訳ガイドの理想と現実・仕事内容をご紹介です。

 

仕事をしながら英語の勉強:リスニング力→通訳

通訳ガイドがスピーキング力なら通訳はリスニング力です。

通訳ガイドでは普通のコミュニケーションが取れると言いましたが、だからこそ聞き返すことも問題なくできるわけですよ。

「今なんて言ったの?」「もう一回言って」みたいに。

それが通訳となると、相手がわりとお偉いさんだったり、会議だと何度も聞き返すのはよくなかったりで、一回で聞き取らないといけないプレッシャーがすごいです。

なのでめちゃめちゃ集中して聞こうとするし、脳にへんな汗かくけど、そんな経験を積むことでリスニング力は向上します。

おまけで、通訳をやってると変な間投詞を徹底的に避けるくせもつきますよ。英語でも日本語でも。(えーっと、まぁ、うん、well, oh, you know などの)

通訳の仕事を徹底解説!意外と知らない種類や仕事内容を紹介します
通訳のお仕事に憧れる人って多いですね。英語を使う最高峰のお仕事というイメージを私は昔持っていました。そこで実際通訳ってどんな種類があるのか、手法別・内容別に紹介します。これから通訳の世界に飛び込みたいという方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

仕事をしながら英語の勉強まとめ

英語の向上させたい能力別におすすめの仕事でした。

英語で仕事ができるレベルになったらぜひ挑戦してみてください。

好きなことを仕事にすると、毎日楽しいですよ

ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語の仕事
スポンサーリンク
りょうをフォローする
タイトルとURLをコピーしました